機械と職人による見事なコラボレーション! 高品質なホイールを生むBBSの生産技術に迫る

相澤隆之
AUTHOR
2019/05/11 09:00

1本のホイールは多数の工程を経て作られる

軽量で強靭な高品質なホイールを市場に提供することで名高いBBS。その最大の特徴は優れた鍛造を筆頭とする生産技術にある。その技術力の高さから、いまや高性能ホイールの代名詞的存在となっている。彼らがどうやってこれほどまでに優れたプロダクトを生み出し、ユーザーに支持される理由とは何なのか? その秘訣を探るべく、富山県は高岡市の本社工場を訪れる機会を得た。

まず疑問に思ったのは、彼らがなぜここ高岡に工場を建てたのか、ということだ。それについて技術部・技術課・課長の横川貴行氏は「この地域はアルミ精製に必要な電気や水が調達しやすく、海も近いので流通的にも適した場所であったため、アルミ関連の企業が増え、その結果として材料の調達がしやすかったからでしょうね」と答えてくれた。

早速その生産工程を見てみよう。

ビレット

ホイールの原材料はビレットと呼ばれる円柱状の素材。これをプレス機により1/4程度の高さにプレスし、フェイス面を成型する。左はアルミで、右はマグネシウム。マグネシウムのほうが細く長い円柱型だ。

鍛造

鍛造工程ではホイール径や重量により6500~9000トンのプレス機を使用しビレットを成型していく。しわが寄らないように1次、2次、3次と数回に分け、手間をかけて行なうのも特徴。アルミホイールでは500度まで加熱、マグネシウムではそれより低い温度でプレスするという。ちなみにプレスに使用する金型は上下3つで、1つの重量は1トンくらい。プレス機は現在全6台が稼働しているが、ホイールの大径化に対応すべく、1万2000トンを2台導入予定という。

スピニング

リム部分を圧延して成型するのがスピニングと呼ばれる工程。ローラーにより塑性加工を行なうことにより、さらに強度を高めることができる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧