【海外試乗】「マクラーレン720Sスパイダー」スーパーシリーズの最新オープントップモデルが発進

2019/04/03 10:00

720馬力のアナザーワールド!

21世紀に入り、スーパースポーツ界にもたらされた最大のニュースは、彗星のごとくマクラーレンが登場し、躍進を遂げていることに尽きる。その最新世代となるモデルがこの720Sスパイダー。レーシングコンストラクターとしてのキャリアとノウハウは、オープンにしてクーペと同等のパフォーマンスが証明している。

まるでジェット機のような高周波音を響かせる720SのV8ツインターボ。パワー特性のリニア感や鋭いスロットルレスポンスは、ターボエンジンであることが信じられないほど。

スパイダーが追加されるのは、2年前に720Sがデビューしたときからの既定路線。全車にカーボンモノコックを用いるため、ルーフを切り取ってもボディ剛性が悪化せず、重量増も最小限なため、ハンドリングや乗り心地に悪影響がないのがマクラーレンの特徴ながら、720Sのスパイダー化にはちょっとした心配を抱いていた。

マクラーレンのディヘドラルドアは、フロントタイヤ後方に設けられたひとつのドアヒンジを軸にして、前方に大きく回り込むようにして開くのがこれまでのお約束。ところが720Sは、従来のヒンジに加えてルーフの中央付近にもヒンジを設け、この2点を軸にして斜め前方に開く構造としている。これは、地下駐車場のような限られたスペースでも無理なく開閉できるようにするための工夫だったが、スパイダーではこの“ふたつめのヒンジ”を設けることができない。では、この問題にマクラーレンはどう対処したのか。

ドアヒンジの数を片側2点としたクーペに対し、1点式にあらためたスパイダー。ヘッドレスト付近から後方に伸びる黒っぽいパーツが空力性能を改善するフライング・バットレスだ。

答えは意外と簡単で、これまでと同じヒンジひとつのディヘドラルドアに戻すというもの。ただし、そのままではドアを開くのに必要な地上高が高くなってしまうため、クーペよりわずかにドア長を短くしてこの問題をクリア。幸い、ドアが短くなっても乗降性はほとんど変わらないのが確認できた。

運動性能もクーペとほとんど変わらない。0→100km/h加速2.9秒というタイムはクーペと同一。0→200km/h加速はクーペの7.8秒に対してスパイダーは7.9秒でほぼ互角。ルーフを閉じたときの最高速度に至っては341km/hでまったく同じなのだから驚く。しかも、スパイダーは屋根を開けても325km/hの最高速度をマークするというのだから二度驚かざるを得ない。

リポート:大谷達也/T.Otani フォト:マクラーレン・オートモーティブ ル・ボラン2019年5月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧