日産/NISMOが今季モータースポーツ体制を発表!

王者奪還を目指す!

日産自動車およびNISMO(ニスモ:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は2月9日(土)、神奈川県横浜市の日産自動車グローバル本社ホールを会場に、「2019年モータースポーツ活動計画」発表会を開催した。

片桐隆夫ニスモ代表取締役兼CEO

数多くの日産ファンとメディア関係者で満員となった会場ステージでは、NISMOの片桐隆夫代表取締役兼CEOが登壇し、すでにシーズンがはじまっているFIAフォーミュラE選手権への新規参入と国内屈指の人気を誇るSUPER GTへのワークス参戦を発表。続いてFIA GT3規格マシンのレースカーやLMP3ほかへのエンジン供給といったカスタマーレーシングプログラムの推進など、これまで以上に積極的なバックアップ体制を表明するとともに、各カテゴリーにエントリーするチーム監督およびドライバーラインナップを紹介。

日産チーム松村基宏総監督

続いて、今シーズンから日産チームの総監督に就任した、NISMO最高執行責任者の松村基宏氏が登壇し、「GT-R」誕生50周年(初代スカイライン2000GT-R/1969年)に触れ、「力強いレースを見せたい」と王者奪還への意気込みを語ると、SUPER GT500クラスに参戦するチームNISMOをはじめ、NDDPレーシング、チームIMPUL、KONDOレーシングの監督とドライバーらが登場して会場は一気にヒートアップ。新たにラインナップに加わった平手晃平選手やGT500/300両クラスへの参戦とニュルブルクリンク24時間レースにも挑戦するKONDOレーシング近藤真彦監督らへは、ファンから大きな拍手と声援が贈られた。

また同会場では、これまで22年に渡ってSUPER GT500クラスで活躍し、3度のシリーズ王者と16勝をもたらした本山哲選手のドライバー引退セレモニーを開催。恩師である星野一義監督や柿元邦彦NISMOアドバイザーをはじめ、僚友ミハエル・クルム選手が祝辞を述べ、本山選手に縁のあるドライバーらによる花束贈呈が行われた。なお、本山哲選手はエグゼクティブアドバイザーに就任し、松村総監督をサポートすることとなる。

2019年シーズンのモータースポーツ体制

【FIAフォーミュラE選手権】
日産e.dams/J-P.ドリオ監督/S.ブエミ、O.ローランド(高星明誠、J.マルデンボロー)
【SUPER GT GT500クラス】
NISMO/MOTUL AUTECH GT-R/鈴木豊監督/松田次生、R.クインタレッリ
NDDP RACING with B-MAX/CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/田中利和監督/平手晃平、F.マコヴィッキ
TEAM IMPUL/星野一義/佐々木大樹、J.ロシター
KONDO RACING/近藤真彦/高星明誠、J.マルデンボロー
【SUPER GT GT300クラス】
GAINER/藤井一三監督/星野一樹、石川京侍/平中克幸、安田裕信
KONDO RACING/近藤真彦監督/平峰一貴、S.フェネストラズ
【インターコンチネンタルGTチャレンジ】
KCMG/A.インペラトーリ、E.リッベラッティ、O.ジャービス/千代正勝、松田次生、J.バードン
【ニュルブルクリンク24時間レース】
KCMG/P.イップ監督/E.リッベラッティ、J.バードン、P.ヴラズィック
KONDO RACING/近藤真彦監督/松田次生、高星明誠、藤井誠暢、T.コロネル

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧