「大阪オートメッセ2019」に展示される注目の日産車は?

H.Tanaka
AUTHOR
2019/02/07 15:00

大胆なカスタマイズの「ジューク」も

日産自動車とオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は2月9日~11日に開催されるカスタマイズショー、「大阪オートメッセ2019」の出展概要を発表した。

日産は現在、安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とした「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」の取り組みのもとクルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めている。今回の大阪オートメッセでは、それを具現化したモデルやエモーショナルなカスタマイズカーの提案を行なう。

出展車両は「ニッサン・フォーミュラE」、「ニッサン・リーフ・ニスモRC」に象徴されるゼロエミッション時代におけるレーシングカーや市販モデルである「リーフ・ニスモ」を展示。さらに「ジューク」のパーソナライゼーションをより進化させたコンセプトカーやニスモのロードカー、「オーテック」のコンセプトカーなどの幅広いラインナップを用意。加えてブースでは、スペシャルトークショーも開催する予定だ。

展示車の内訳だが、「ジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャーコンセプト」は、ジュークのパーソナライゼーションをより進化させた参考出品車。エクステリアは、レスキューの走破性を想起させるクローラーとオーバーフェンダーを装着。さらにマットホワイト&マットブラックの2トーンカラーにフローセントグリーンのアクセントを配した新しいパーソナライゼーションの形を提案する。昨年発表された「大坂なおみ選手・日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」の「GT-R」は、プロテニスプレーヤーとして世界の頂点を極めた大坂なおみ選手の意見を取り入れた特別仕様車。一方、「エルグランド・ザ・スポーツプレミアム・コンセプト」(参考出品)はエルグランドが持つ存在感をより際立たせるカスタマイズを実施。エクステリアは、精悍なピアノブラックのフロントグリルとGT-Rからインスパイアされたボディカラー、スポーティな印象を与える20インチのアルミホイールを装備。インテリアには、豪華で上質な赤い本革を使用した特別シートを設定している。

オーテックはセレナ、ノートに続く第3弾として、2019年1月に発売した「エクストレイル・オーテック」と「リーフ」をベースにした、「ニッサン・リーフ・オーテック・コンセプト」(参考出品)をを用意。2台のボディカラーには、湘南・茅ヶ崎の空と海をイメージしたオーテックのアイコニックカラー「オーテックブルー」を採用している。そして、ニスモは「リーフ・ニスモ」と「ノートe-パワー・ニスモS」で、電気駆動モデルの走りの楽しさをアピールする。

現段階における究極の電動化モデルとしては、日本の自動車メーカーとしては初参戦となったフォーミュラE選手権のマシンも見逃せない。このフォーミュラEカーは、最新のバッテリーやパワートレインを採用。さらなるパワーと航続距離を実現している。

加えて日産のモータースポーツ活動を担うニスモのレーシングテクノロジーを用いて開発されたニッサン・リーフ・ニスモRCも特別展示。このマシンは、2011年に発表した前モデルの2倍以上となる240kWの最高出力と640Nmの最大トルクを発生、総重量をわずか1,220kgに抑えたことで、0-100km/hの加速時間は前モデルより約50%速い3.4秒を実現しているという。

なお、ブース内にはグッズ販売のコーナーを設置。各種アイテムの販売を行なほかSNSを活用した情報発信も実施。ブースの様子やトークショーを生中継するほか、ファンとの双方向コミュニケーションを通してブースの臨場感を共有する予定という。

・日産/NISMO公式ツイッター https://twitter.com/NISMO_JP/
・日産公式YouTube https://www.youtube.com/NissanJapan/
・ニコニコ生放送日産チャンネル http://ch.nicovideo.jp/NissanJP/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧