世界初の構造材が新型「マツダ3」に採用

H.Tanaka
AUTHOR
2019/01/12 11:00

軽量化と高剛性の両立に貢献

マツダは、新日鐵住金、JFEスチールの両社とそれぞれ共同で1310MPa級高張力鋼板を用いた車体構造用冷間プレス部品の開発に世界で初めて成功した。 マツダでは、この1310MPa級高張力鋼板を取り入れた新世代車両構造技術「スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー」を、新型「マツダ3(日本名アクセラ)」から順次採用する。

高張力鋼板を自動車の部材に用いると、必要な耐力をより薄肉で確保できるため、車体を軽量化することができ、操縦安定性能の向上や燃費性能の改善に貢献できる。また、衝突安全性能を確保するために高い強度も求められており、より高強度な鋼板の適用が期待されていた。

しかし、これまで冷間プレスで成形した部品を車体構造に採用する場合、成形性や加工後の寸法精度の確保が難しいため、高張力鋼板の強度は1180MPa級の採用に留まっていた。今回、マツダと鉄鋼2社はそれぞれ共同で技術開発に取り組み、適正な製造条件を定めることで1310MPa級高張力鋼板の採用を可能にしたという。

新型マツダ3に1310MPa級高張力鋼板を採用した部品は、フロントピラーインナー、ルーフレールインナー、ヒンジピラーレインフォース、ルーフレールレインフォース、No.2クロスメンバー、サイドシルインナーレインフォースで、従来車の同部品と比べると合計で約3kgの軽量化を達成している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

閉じる