【ジムニー徹底解剖-3】660cc vs 1500cc比較試乗 今度のジムニーは軽よりもシエラがオススメな理由は……

2018/12/11 07:30

デビュー前から話題が沸騰し、今や手に入れるまで半年から1年も待たなければならない「ジムニー」シリーズ。果たして、その中身は爆発的ヒットにふさわしいものなのだろうか? 軽自動車版のジムニーと、普通車版のジムニーシエラを並べ、改めてその魅力を探った。

これまでダメ兄貴だったシエラが新エンジンで面目躍如

先代(JB23型)のデビューから、なんと20年というスパンでフルモデルチェンジとなった新型ジムニー。このSUV全盛期に臆することなく投入された、今や古典的ともいえるクロスカントリー4WDスタイルが、世界の自動車ユーザーをアッといわせたことは間違いない。

現在の納期は、660ccのジムニー(JB64型)で半年、1500ccのジムニーシエラ(JB74型)にいたっては1年待ちとのことだから、このヒットはもはや社会現象といっていいかもしれない。

歴代ジムニーで日本国内の主役は圧倒的に660ccモデルだったが、現行モデルでは1500ccのシエラが復権している。

さて、国内では当然ながら日本限定規格の660cc版ジムニーが人気だが、先代ではまったく鳴かず飛ばずだったジムニーシエラが、販売面で予想外の大躍進を見せている。

何せ先代の1300ccのジムニーシエラ(JB43型)は、登り勾配の高速道路では660cc版(JB23型)に抜かれるというダメ兄貴ぶりで、ジムニーファンをもってして「シエラを買う理由が見当たらない」といわしめたほどの“迷車”だった。だが、新生シエラにK15B型1500cc直4エンジンが搭載されたことで、その評価は一変したようだ。

 

山崎友貴(やまざき ともたか)
フリーエディター。四輪駆動車雑誌編集長を経て、SUVやキャンピングカーなどを中心に記事を執筆している。Jeepラングラーで日本全国の山に出向き、登山や岩登りをするのがもっぱらの趣味。

テキスト:山崎友貴/フォト:宮越孝政

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

閉じる