メルセデス AMG GT S vs ポルシェ 911 ターボ、宇宙一のブレーキ性能をも泣かせるタイヤの差【清水和夫のDST】#67-3

2018/12/06 11:50

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number 67:ハイパフォーマンスカーの同士が掛け値なしのガチンコ対決!

メルセデス AMG GT S vs ポルシェ 911 ターボ
TEST 02:ウェット旋回ブレーキテスト

テストの「方法」と「狙い」

ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

 

【参考データ】減速Gと横Gの平均値


DSTではドリフトボックスを使って詳細なデータをとっているが、どうも今回のテストではデータと感覚が合っていない。データ的には甲乙つけがたいデータだが、実際はAMGのブレーキを踏んだ初期の利きに安心感を感じた。

 


911ターボはデータには表れていないが、初期にタイヤが滑る感じは、人間の感覚では「怖い!」という不安に通じてしまう。いくらデータが良くても、人間の感覚は無視できない。自動運転の研究材料として提案しておきたい。

 

ル・ボラン 2016年3月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる