8代目はデジタル化? 新型「ポルシェ911」詳報

AUTHOR

世界初の「ウェットモード」を標準装備

11月28日、ポルシェは全面改良を受けて8世代目に移行した新型「ポルシェ911」を、ロサンゼルス・モーターショーで世界初公開した。

ロサンゼルス・モーターショーの場で、ポルシェAGのオリバー・ブルーメCEOは、新型911を次のように紹介している。
「カリフォルニアは新しい911を導入するのに理想的な場所です。ここは何十年にもわたり、ポルシェの第2の家のようなところになっています。新型911は先代モデルよりさらに強力で、さらにエモーショナルで、さらに効率的です。豊富なデジタル機能も備えています。多くの革新をもたらしている一方で、911は依然として純粋なスポーツカーであり、ポルシェのハートを鼓舞しています。911は私たちのアイコンなのです」

まず発表されたのは「911カレラS」と「911カレラ4S」。搭載される水平対向6気筒ターボエンジンは、従来型より30ps/30Nm上乗せされた450ps/530Nmを発揮。新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせ、0-100km/h加速は後輪駆動モデルのカレラSで3.7秒、4WDモデルのカレラ4Sで3.6秒をマーク。オプションのスポーツクロノパッケージ仕様車ではさらに0.2秒短縮される。最高速はそれぞれ308km/h、306km/hに届く。NECD複合モードの燃費はそれぞれ11.2km/L、11.1km/Lと発表された。

走りの面では、新開発の「ウェットモード」を標準装備した点が新しい。このモードは世界初の機能で、路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整し、ドライバーに知らせるもの。ドライバーはスイッチまたはステアリングホイールのモードスイッチ(スポーツクロノパッケージ)の操作により、安全性を重視する設定に切り替えることができる。

 

エクステリアでは、従来型よりフロントが45mm、リアは44mmワイドになり、さらに強調されたホイールアーチとともに、新型の優れた性能をアピール。ホイールはフロント20インチ、リア21インチが標準装着される。新意匠のLEDヘッドライトを繋ぐフロントリッドのラインは初代911を彷彿させるもの。一方リアではワイドな可変式スポイラーとエレガントなシームレスのライトバーが新型を印象付ける。また、ドアと面一の電動ポップアウトハンドルの採用により、滑らかなボディのサイドラインが際立っているのも特徴だ。ドアミラーも新設計され、風切り音が最小限に抑えられている。リアビューでは後輪駆動モデルと4WDモデルに違いがあり、前者はブラックのルーバーが、後者ではグリルにクロームのエレメントが採用されている。なお、ボディ素材はフロント&リアセクションを除いて、アルミニウムが用いられている。

ダッシュボードは1970年代の911モデルを想起させるクリアで直線的なラインが特徴。メーターは中央のレブカウンターの両脇にフレームレスの薄型自由形状のディスプレイが配置され、多彩な情報が表示できる。一方センターパネル上部には10.9インチのスクリーンを配置。操作ロジックは一新され、より迅速な操作を可能にしている。このスクリーンは標準装備のインフォテイメントシステムのPCM(ポルシェ・コミュ二ケーション・マネジメントシステム)が組み合わされる。スクリーンの下にはハザートランプを含む5つのスイッチが並んでいる点、そして新形状となったシフセレクターなどが特徴として挙げられる。

シートポジションは従来型より5mm低められ、最小限に薄いクッションが用いられているが、全体的な座り心地は改善されている。

安全装備の面では、動く物体との衝突の危険を検知し、必要に応じて緊急ブレーキを作動するブレーキアシストが標準装備されるほか、熱探知カメラを用いたナイトビジョンアシストが911シリーズに初めてオプション設定される。また、オプションのアダプティブクルーズコントロールは、オートマチックディスタンスコントロールやスタート/ストップ機能、リバーシブルオキュパントプロテクション、そして自動エマージェンシーアシスト機能が含まれている。

ドイツではすでに注文が可能で、販売価格は911カレラSが12万125ユーロ(約1550万円)から、911カレラ4Sが12万7979ユーロ(約1650万円)からとのこと。なお、日本市場における販売価格や予約注文、販売開始時期は今後、決定次第発表される。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる