アーカイブで振り返る自動車専門誌「ル・ボラン」500号の軌跡。

2018/10/12 09:00

祝! 創刊500号

祝500号ということで、ギュギュッっと圧縮して超高速フラッシュバック! 40年以上も国産車&輸入車の興隆とともに歩んできた「ル・ボラン」ですが、クルマそのものから周辺アイテムまで多彩な情報をかき集め続けてきました。クルマだけでなく我々を取り巻く環境も激変しましたが、懐かしさなどを感じつつ、クルマを愛するみなさまのサポーターとして歩んだ道のりをぜひご覧ください!

1977.4月号 創刊号

1970年代のル・ボランは……

1976年頃からのスーパーカーブームもあって外国車への注目度も高まっているなかで、海外の自動車情報も積極的に取り入れる誌面でスタート。メインライターに三本和彦氏を招聘、巻頭特集のイタリアのスーパーカーメーカー取材など多方面に活躍させている(この特派企画は第2号以降ドイツメーカー、ジウジアーロなどのカロッツェリア、ポルシェ博物館、BMW博物館、ランチア博物館と続く)。第3号では第47回ジュネーブ・ショーの模様も紹介されていた。ロードインプレッションは国産車が主体となるものの、第3号で比較試乗にフォルクスワーゲン・ゴルフが登場、第5号でゴルフvsルノー5の輸入車比較が掲載され、現在に至る誌面構成の一端が感じられる。

【これがイタリアン・スーパーカーのすべてだ】
ランボルギーニ、フェラーリ、マセラティ、デ・トマソのほか、フィアット、ランチア、アルファ・ロメオを現地から紹介。

 

【マルチ試乗】
定番企画となった「マルチ試乗」。徹底した取材から得られた厳しい意見を自動車メーカーに提言、メーカー側からの回答も載せるなど双方向的な誌面作りが試みられた。

【第45回モンテカルロラリー速報】
今や歴史的な名車のストラトスも、ラリーシーンにて現役の時代。アルピーヌA310やアバルト131を抑えて3連覇を達成している。

【中古車集中情報・スカイライン徹底研究】
当時も人気の高かったスカイラインの中古車情報を13ページで特集。相場から全国各地の事情まできめ細かった。

【カー・カタログ マツダ・ファミリア】
4代目(FA4型)ファミリアAPの装備・スペック・設定色をコンパクトに掲載。国産車も丁寧に取り上げていた。

まとめ:吉田 恵/ル・ボラン2018年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる