3代目となるS60はアメリカで生産! 最新ボルボのデザインセンスが凝縮

下江 優太
AUTHOR
2018/08/10 11:00

ボルボの新工場に、世界中から約300人のプレス陣が集まった。そこでは8年ぶりに新型となった「S60」が初披露された。発表と同時に、高性能なポールスターバージョンも登場。今回、もっとも注目したいのは、そのスタイリッシュなデザインだ。

低くワイドなスタンスでプロポーションも美しい

ボルボのミッドサイズ・セダン、新型S60が発表された。その初披露の場となったのは、新たに設立されたアメリカ・サウスカロライナ州にあるチャールストン工場だ。ボルボ・カーズは、アメリカでの販売強化とともに、日本や中国、ヨーロッパなどグローバルに向けて輸出を行なっていくために、これまで生産拠点のなかったアメリカでの工場の建設を決めたという。

チャールストンの街か ら約1時間走った所に ボルボにとってアメリカ初となる製造工場を建設。

チャールストン工場では、新型S60を2018年秋から生産開始する。また2021年からは、自動運転技術レベル4を搭載したSUV「XC90」を生産するとのことだ。

工場の敷地は1,600エーカー(約650ヘクタール)を占め、建物の占有面積は230万平方フィートにもなる。

S60の発表会では、ボルボ・カー・グループ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン氏がステージに登壇。「チャールストン工場は、アメリカをボルボの第3の市場として確立させる役割を担っている。セダン・セグメントおよびSPAは、収益性向上への実績があり、米国のみならず世界のボルボ・カーズにとって大きな成長の機会を提供するだろう」と語った。

さて、今度のS60はというと、90シリーズやXC60と同様のプラットフォームであるSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)がベースとなる。個人的に、見た目はドイツ御三家のミッドサイズ・セダンを超えるカッコよさだと思う。もちろんデザインの好みは人それぞれだが、S60を含めた新世代ボルボが同社のブランドイメージを変えたということに関して異論を唱える人はいないだろう。

コンパクトなフロントオーバーハングや長いノーズ、低くワイドなスタンスなど、まずプロポーションが美しい。また、全長が長くなったことで伸びやかでスタイリッシュなルックスに進化した。

ボディのスリーサイズは、全長が4761mm、全幅が1850mm、全高が1431mmで、ホイールベースは新型V60と同じ2872mmとなる。先代比では全長で約125mm大きく、全幅で10mm狭く、全高で49mm低くなっている。

S60はいかにもクーペライクなフォルムだが、全体的には余計なラインが入っておらず、シンプルにまとめられている。それでいて、決め細やかなディテールの配慮も際立つ。トールハンマーのモチーフが使われたヘッドライトやC型のテールランプ、存在感たっぷりのラジエターグリルも、最新ボルボデザインの共通要素だ。

LE VOLANT 2018年9月号 Gakken Plus

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる