「ジャンボリー」に続き「カングー・キャンプ」が開催!

H.Tanaka
AUTHOR
2018/08/07 13:20

開催地は静岡、千葉、滋賀の3カ所

ルノー・ジャポンは、出掛けた土地の食材を使ったアウトドアフランス料理とともに、家族や友人と過ごす時間を楽しむフレンチスタイルのキャンプイベント、[カングー・キャンプ 2018」を、静岡県、千葉県、 滋賀県で開催する。ルノー・カングー関連のイベントとしては「カングー・ジャンボリー」がお馴染みだが、こちらではフレンチスタイルのキャンプの楽しみ方を提案するという。

※以下、記事写真は今年のカングー・ジャンボリーより。

このイベントは、テロワール(土地の個性)をテーマに、カングーで出かけてフレンチスタイルのキャンプを楽しもうというもの。会場では、フランス料理界の新進気鋭シェフである田村浩二氏が、その土地でとれた食材を使用したキャンプ料理を披露してレシピを公開する。

カングー キャンプ 2018 開催概要

開催場所/開催日
・静岡県富士宮市ふもとっぱら/9月29日(土)、30日(日)
http://www.gooutcamp.jp/goc_vol14/index.htm
開催場所:静岡県富士宮市麓 156 GOOUT CAMP vol.14 会場内
募集台数:35台(参加可能人数は、1台あたり5名まで)

募集(参加チケット購入)期間:8月3日より上記web内の「カングー キャンプ2018」ページで参加に必要なチケットを販売。募集台数に達し次第終了。なお、9月28日の前夜祭参加には別途入場券が必要。キャンプ時の占有スペースは7×7m。

参加料:運転手(駐車券+1泊2日入場券)=9500円/同乗者(1泊2日入場券/1名)=6500円

開催内容:田村シェフによるアウトドアフランス料理の実演、試食(食事提供ではないので、キャンプ時の食事は参加者手配)

・千葉県成田市成田ゆめ牧場/10月20日(土)、21日(日)
開催場所:千葉県成田市名木730
※開催に関する詳細は、順次ルノー・ジャポンHPにて掲載

・滋賀県高島市マキノ高原/11月3日(土)、4日(日)
開催場所:滋賀県高島市マキノ町牧野 931番地
※開催に関する詳細は、順次ルノー・ジャポンHPにて掲載

参加フランス料理シェフ: 田村 浩二氏(デザイナー兼料理人)
食と風土を繋ぎ、エシカルな未来の創造をテーマに、商品、レシピ、メニュー開発、飲食事業の立ち上げなどの分野で活躍。世界最短でミシュランの星を獲得して以来、常にシーンの中心で注目を集めてきた白金台の人気店「ティルプス」で、2017年から2018年7月末までシェフを務める。世界的に有名な「サンペレグリノ世界ベストレストラン50」の2016年ディスカバリーシリーズ (次世代のレストラン、シェフ)に掲載。ミシュランと並び称される「ゴ・エ・ミヨ」にて2018年「期待の若手シェフ賞」を受賞するなど、これまで数々の賞を受賞。また、美味しい香水をコンセプトに食材と 香りの斬新な組み合わせを提案する 「アロマティザン」をプロデュースし話題を集めている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる