「BMWコネクテッド・ドライブ」がアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2018/08/07 13:00

スマホ用アプリも使いやすく一新

BMWジャパンは、総合テレマティスクサービスの「BMWコネクテッド・ドライブ」をアップデート。あわせてスマートフォン用アプリ「BMWコネクテッド」も一新して8月3日より運用を開始した。

BMWコネクテッド・ドライブは、2013年に輸入車として初めて導入された総合テレマティクスサービス。以来、スマートフォン向けアプリの導入により車両情報やニュースなどへのアクセスを可能にし、顧客の利便性を向上させるサービスを提供してきた。

今回のアップデートではBMWコネクテッド・ドライブに新たな機能を追加。新アプリのBMWコネクテッドは、従来の「BMWコネクテッド」や「BMWリモート」など複数のアプリで分散的に提供されてきた各機能を1つのアプリに統合。利便性が大幅に高められている。

新たに採用された機能だが、アプリのBMWコネクテッドからワンクリックで車載ナビゲーションに目的地設定が可能となる「センド・トゥ・カー」をはじめ、出発時間通知、到着予想時間をSMSで共有できる「シェア・トリップ・ステータス」、リモート車両サーチなどがある。また、車両情報に関連する新機能としては車載カメラの映像をスマートフォン上で確認できる「リモート3Dビュー」や車両から離れた場所でもドアやウインドーの開閉状況を確認できる「ドア/ウインドー開閉」。メインテナンス・サービスに関連する新機能では車両のメンテナンス情報をアプリ内で確認できる「サービス・リマインダー」や「ディーラー検索/予約」、オーナー向けサイトを介した情報をアプリで閲覧できる「BMWニュース」が提供されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる