旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「仁田峠循環道路/島原まゆやまロード(長崎県)」

仁田峠循環道路(No.089)
大自然のパワーが目の前にそそり立つワインディング。

仁田峠循環道路は全国でも珍しい一方通行の峠道である。もともとこの道は有料の観光道路だったため、ルート上に民家が一軒もなく、一方通行でも特に不便はなかったのだ。

峠への登り口は雲仙・普賢岳の南麓にあり、道幅が狭く、勾配のきついタイトターンが続く。対向車がないとはいえ、山道に慣れないドライバーはちょっと苦労するかもしれない。

起点から3kmほど走ると、雲仙の南斜面に出て、視界が大きく開ける。右手に見えるのは島原湾で、天気が良ければ対岸の熊本市や阿蘇の山並みが手に取るように見える。そこからさらに1kmほど走ったところが第二展望所。そして、この駐車場の前の左コーナーを抜けると、噴火跡も生々しい巨大な山塊がいきなり姿を現す。

雲仙が活発な火山活動を再開したのは1990年(平成2年)のこと。当初「溶岩ドーム」と呼ばれていた隆起は、多くの被害をもたらしながら主峰・普賢岳を超える高さにまで成長した。標高1483mの平成新山である。

このルートのハイライトは第二展望所から仁田峠までの2km弱。できたてほやほやの火山が迫力たっぷりの姿で目の前にそびえる。そして、峠を過ぎると道は再び谷筋へと下っていき、あっけなく終点となってしまう。

ルートの全長は8.2km。入口と出口は3kmしか離れていないから、つい「もう一周!」したくなる。

◎正式名称/市道仁田峠循環線
◎区間距離/8.2km(県道57号交点-国道389号交点)
◎冬季閉鎖/なし
◎撮影時期/10月下旬

 

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

おすすめ記事一覧