トヨタがクラシックカー・フェスティバルを開催

H.Tanaka
AUTHOR
2018/04/25 12:06

「世界初」をテーマにした初展示モデルも!

トヨタ博物館では、自動車文化の醸成と継承を目的に地域に根ざしたイベントとして「第29回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル」を5月27日(日)、愛・地球博記念公園で開催する。このイベントでは、愛・地球博記念公園をメイン会場として1988年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードのほか、多彩なプログラムを展開する予定。今年はパレードの先導車として量産型として世界初のセダン型燃料電池自動車「MIRAI」が登場するなど、年代順に一般参加車両約150台が続き長久手市内を走行する。

企画展示「世界初!のクルマたち」では、世界初のガソリン自動車をはじめセルフスターターを標準装備したキャデラック・モデル サーティ。3点式シートベルトを初めて搭載し、特許を無償公開したボルボPV544など、その後の自動車史に大きく影響を与えた世界初のクルマ7台を展示。クラシックカー・サーキットでは走行披露も行なう。なお、トヨタ博物館の出展車のうちボルボPV544とアウディ・クワトロの2台は館外における展示・走行披露が今回初だという。

トヨタ博物館館長の布垣直昭氏は、「29回目を迎えることができたのも地域の皆様のご理解とご協力のおかげです。今クルマは大変革期を迎えているといわれますが、将来どのようなモビリティ社会になってもクルマが“愛”のつく工業製品であり続けられるよう、オーナー様の“愛車”や世界の名車を、見て、語って楽しんでいただき、クルマにかけた人々の熱い想いをつないでいくことが私たちの願いです」と述べている。

そのほか、当日は記念撮影、同乗試乗会、キッチンカーや長久手市内の飲食店などの出店やイベント。そして、東日本大震災・熊本地震被災地支援コーナーなど、内容は盛りだくさんだ。

詳細はトヨタ博物館のホームページを参照のこと。
http://www.toyota.co.jp/Museum/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧