日産が高性能ブランド「NISMO」事業を拡大する理由とは?

2017/04/25 20:30

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMO(ニスモ)」のコンプリートカーである「NISMOロードカー」事業を今後拡大すると発表した。

 

メルセデスのAMG、BMWのMを目指して

 

今回、この戦略の基盤となる「NISMOロードカー」の車種ラインナップを拡充するため、NISMOロードカーの企画・開発に関わる機能を、神奈川県茅ヶ崎市に拠点を持つ同社グループの特装車両部門「オーテックジャパン」内に設立。現在の年間販売台数はおよそ1万5000台だが、将来的には大幅に拡大してゆくことを目指すという。

 

160825-01-02-source

 

NISMOロードカーは、同社のモータースポーツ活動からフィードバックされた多くの知見を市販車両に提供、高い動力性能やレーシーなスタイリングとして具現化。クルマを楽しむ愛好家たちに、そのダイナミックでスポーティな走りを堪能してもらうことを目的に製作されている。つまりNISMOロードカーは信頼性や耐久性を日産純正品質で保証したファクトリーカスタムカーなのだ。モデル数は2013年1月に「ジュークNISMO」を発売して以来拡大を続けており、現在、国内では「マーチ」「ノート」「GT-R」「フェアレディZ」「ジューク」の5車種に設定されている(グローバル市場ではさらに「セントラ」「パトロール」にも設定)。

 

今後、日産はNISMOロードカーを更に幅広く、各市場のコアとなる新たなセグメントにもバリエーションを広げていくという。NISMOブランドの投入市場も、従来の日本、北米、欧州、中近東から、更に広げてグローバル展開していくとのことだ。

 

 

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる