FCAヘリテージ ハブ展示会の主役! 「アバルト695 75°アニヴェルサーリオ」が、アバルトの創業75周年を彩る

全ての画像を見る

トリノの「FCAヘリテージ ハブ」でアバルト75周年記念の特別展示を開催。1,368台限定の「695 75°アニヴェルサーリオ」がお披露目に

トリノの「FCAヘリテージ ハブ」では、重要な記念行事が行われている。アバルトは2024年、75歳の誕生日を迎え、スコーピオンブランドの歴史的なクルマと最近のモデルを展示する専用展示が企画された。最新モデルの中でも、「アバルト695 75°アニヴェルサーリオ」は、このアニバーサリーのためにわずか1,368台が製作され、展示されている。

スコーピオンブランドの卓越したデザインとパフォーマンスを世界中に知らしめた、すでに伝説的なコレクションに加わった新しいアバルト695 75°アニヴェルサーリオは、その魅力的なルックスと高いパフォーマンスの両方で際立っている。

ブラックのカラーリングと車体両側のゴールドのアバルト・ロゴのコントラスト、ルーフを飾るスコーピオンとゴールドの専用17インチ・アロイ・ホイールが、シンプルかつ洗練された外観を完成させている。インテリアでは、サベルト製カーボンシート、アルカンターラ製ブラックのダッシュボードとインサートがスポーティな美しさを演出し、ヒストリックモデルをベースに改良された75°のロゴがその独自性を高めた。

【写真82枚】ブラックのカラーリングと車体両側のゴールドのアバルト・ロゴのコントラスト 

アバルト695 75°アニヴェルサーリオは、よく知られた1.4 T-Jetエンジンを搭載。ガレットGT1446ターボチャージャーで過給されたこのエンジンは、180HPのパワーと250Nm/3,000rpmのトルクを発揮する。0-62mph加速わずか6.7秒、最高速度139mphという優れたパフォーマンスを発揮。305x28mmのベンチレーテッド・パーフォレーテッド・ディスク、レコード・モンツァ・エキゾースト、KONI FSDショックアブソーバーを両アクスルに備えた高性能ブレーキシステムも装備する。

Mopar Connect機能とCarplayおよびAndroid Auto接続により、ドライビング体験は高いレベルのコネクティビティによって豊かに。オートエアコン、Audio Beats、ナビゲーション・システム、DABラジオ、7インチTFTデジタル・ディスプレイも装備されている。

トリノで開催される展示会では、アバルトの功績とその数々の作品が、今後3か月間にわたりエンスージアストたちのために展示される。

たとえば、カルロ・アバルトによってチューニングされ、1958年に「モンツァ・サーキット」で注目を浴びた最初の500や、1960年代の有名な「アバルト1000」といった歴史的モデルから始まり、最近の製品である「アバルト695」や、ポイズン・ブルーのカラーリングを施した新型「アバルト500e」に至るまで、アバルトの歴史を辿り、その主要な成果を回顧する35以上のモデルが展示される。

さらに、ヘリテージの”Reloaded by Creators”プロジェクトの一環として、1960年代を代表する名車を現代的に再解釈した「アバルト・クラシケ1300 OT」をエンスージアストに提供するという。

この展覧会は、貴重な歴史の重要性を保存し、その知名度を高めることを目的とするヘリテージ・プロジェクトの一環である。3か月間開催され、トリノのプラヴァ通りにあるミュージアムでクラシック・ガイド付き見学券を購入することで入場できる。アバルトの歴史をとらえ、スコーピオンブランドのエキサイティングな未来への興奮を呼び起こす、没入型の素晴らしい体験が訪れる人々を待っている。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!