なんと105年ぶりにの採用! ベントレーに「ブラックウイング」、ベンテイガのダークサイド

全ての画像を見る

これまでで最も印象的な「ベンテイガ S ブラックエディション」は最も俊敏なシャシーと、7色の差し色を採用

ベントレー モーターズは、これまでで最も印象的なSUV「ベンテイガ S ブラックエディション」を発表した。105年ぶりにベントレーにブラックティントウィングを採用したS ブラックエディションは、鮮やかなアクセントカラー、リッチなブラックのディテール、そして自信に満ちたシャシーテクノロジーを組み合わせ、ベンテイガのダークサイドを表現している。

アクセントカラーは7色、マンダリン、シグナル・イエロー、クライン・ブルー、ピラー・ボックス・レッド、アイス、ハイパー・グリーン、ベルーガから選ぶことができる。それぞれのカラーは、内外装ともに人目を引きながらもまとまりのあるデザインをもたらし、車全体に施されたステルスブラックの処理とコントラストを成している。

エクステリアでは、フロントバンパーとサイドシルの下、およびリアスポイラーの上部に施された「Styling Specification」ボディキットに、レーザーのようなストライプがアクセントとなっている。ブレーキキャリパーもこれに合わせて塗装され、22インチのブラックペイントホイールの後ろに彩りを添えている。

標準のベンテイガSと同様、エクステリアのブライトウェアはすべてグロスブラックに変更されているが、S ブラックエディションはベントレーの105年の歴史の中で初めて、ベントレーのウィングとレタリングがマッチしたグロスブラックに変更されたモデルだ。最後のエクステリアディテールは、リアDピラーに配されたブラックエディションバッジである。

2024年に入り、数々の新機能がベンテイガシリーズの魅力をさらに高めている。エクステリアはフレッシュなまま、新たに7色のサテン・ペイント、エクステリア・カラーの追加、3種類の仕上げから選べる21インチ・ホイール・オプションが追加され、パーソナライゼーションの幅が広がっている。

新しいシャシー・テクノロジー、新しい電気アーキテクチャー、フロント・ラジエーター・グリルの形状変更などの追加装備により、ドライバーとパッセンジャーのエクスペリエンスを最優先している。ベンテイガ・エクステンデッド・ホイールベースの発表時に導入されたオールホイール・ステアリングは、ハンドリングと操縦性を向上させるとともに、ターニングサークルを1m近く短縮した。このシステムは現在、ベンテイガ アズールと「S」V8モデルの両方に標準装備されている。

【写真17枚】リッチなベルーガレザーと鮮やかなアクセントカラー 

新型S ブラックエディションでは、ベントレーのデザインチームが独自のインテリアカラーレイアウトを考案し、リッチなベルーガレザーと鮮やかなアクセントカラーのコントラストを完璧なものにしている。車の外側に施されたインパクトのあるアクセントカラーは、手作業で仕上げられたキャビンにも受け継がれ、コントラストステッチ、コントラストパイピング、レザートリムのアクセントカラーが組み合わされ、同じ焼けるような効果を生み出しています。各シートにはブラックの「S」エンブレムが刺繍されている。

フェイシア、センターコンソール、ウェストレールには、新しいカーボンファイバー織物が使用された。この織り目はフェイシアに立体的な奥行きを与え、ブラック・エディション・バッジの完璧な背景となっている。また、新しいダーククロームパックが標準装備された。これはブルズアイ・エアベント、オルガン・ストップ・コントロール、センターベントなど、インテリアの金属ディテールの多くが、通常のブライトクロームからグロスブラックに変更されたことを意味する。

オーディオシステムは「ベントレー Signature Audioシステム」を筆頭に、3種類からセレクト可能。「Bang & Olufsen for ベントレーシステム」は音質を一段と高め、美しいイルミネーションが施されたスピーカーグリルが特徴だ。

サーキットだけでなく、都市環境にも対応する俊敏性
ベンテイガ S ブラックエディションのダイナミックな性質は、電子制御式オールホイールステアリングによって各ドライビングモードでさらに強調される。ステアリングがベントレー Dynamic Rideと組み合わされ、リアホイールのステアリングロックが最大±4.8°になると、この傾向はさらに顕著になる。

低中速域(時速37マイル以下)では、リアホイールがフロントホイールとは逆方向に操舵され、素早い方向転換を支援することで、狭いスペースでの操縦性を最大限に高め、ターニングサークルを1m短縮。高速走行時(時速37マイル以上)には、後輪がフロントと同じ方向に操舵され、安定性が向上し、信頼性がさらに高まる。

控えめなパフォーマンス
ベンテイガ S ブラックエディションには、ベントレーが誇る4.0L ツインスクロールターボチャージャー付きV8ガソリンエンジンが搭載され、圧倒的なパワーと優れた燃費経済性を兼ね備えている。この最新世代のエンジンは最高出力542bhp(550PS)、最大トルク568lb.ft(770Nm)を発生し、0-60mph(0-100km/h)加速4.4秒(4.5秒)、最高速度180mph(290km/h)を誇る。このクラストップレベルのパフォーマンスに加え、航続距離は406マイル(654km)、CO2排出量は296g/kmだ。

可能な限り効果的にパワーを配分するために、「ベントレー Dynamic Ride」が標準装備され、比類のない48Vシステムを活用した世界初の電動アクティブロールコントロール技術となっている。このシステムは0.3秒以内に最大1,300Nmのトルクで反応し、コーナリング時の横方向のローリングフォースを打ち消し、タイヤの接地性を最大限に高めて、クラストップレベルのキャビンの安定性、乗り心地、卓越したハンドリングを実現した。

シャシーモードの選択によってグランドツーリングの快適性と魅力的なパフォーマンスの境界を広げたContinental GT Speedと同様に、ベンテイガ S ブラックエディションでは、標準のベンテイガよりも強化されたSPORTモードによって能力が向上する。

SPORTモードでは、エアサスペンションのダンピングを15%向上させ、独自のエレクトロニック・スタビリティ・コントロールとベントレーダイナミックライドチューンを採用することで、ステアリングフィールの向上、ターンインレスポンスの向上、ボディロールの低減を実現している。

ベントレーのトルクベクタリング・バイ・ブレーキシステム(コーナー進入時にイン側のリアホイールを軽く制動し、フロントアクスルのターンインをシャープにする)の再調整により、ベンテイガ S ブラックエディションのドライビングのレスポンスがさらに向上した。

スポーツエグゾーストが標準装備され、フリーフローのプライマリーパイプとセカンダリーパイプがフローを改善し、マフラーのパーフォレーションを減らすことでキャラクターと音量を向上させ、よりパフォーマンス志向のフィーリングを与えている。

ベンテイガの総合的なオフロード性能も健在で、オプションのAll-Terrain Specificationでは、4つのオフロード専用モード(スノー&ウェットグラス、ダート&グラベル、マッド&トレイル、サンド)と500mmのウェーディングディープが用意されている。

圧倒的な存在感と責任感
ベンテイガ S ハイブリッド ブラックエディションは、電動パワートレインの多くの利点を享受しながら、スポーツ性能と印象的なデザインへの情熱を満喫することができる。3.0L TFSI V6 ガソリンエンジンと100kWの電気モーターを組み合わせた最高出力は462PS(456bhp)で、ベンテイガ S ハイブリッド ブラックエディションはゼロ発進から時速 62マイル(100km/h)までわずか5.3秒、最高速度は時速158マイル(254km/h)に達する。電気モーターが毎分ゼロ回転から最大トルクを発揮するため、ハイブリッド・パワートレインによって、楽々とパワーが発揮される感覚は、むしろ強調される。

新型ベンテイガ S ハイブリッド・ブラックエディションは、V8エンジンを搭載した安定したモデルと同様、より魅力的なドライブを提供。(スポーツモードでは)エンジンルームのサウンドが強化され、V6 TFSiのサウンドを補完し、このクルマのよりスポーティなキャラクターをさらに引き立ててくれる。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!