パーソナルにもビジネスにもフィットするセダンボディが追加! 多様な価値観やライフスタイルに寄り添う新型「トヨタ クラウン」発売

全ての画像を見る

快適な乗り心地と上質な走りとともに、新スタイルで「ニューフォーマル」という新たな価値観に挑戦

トヨタは、2023年11月2日(木)に新型「クラウン (セダン)」を発表した。同日より注文の受付を開始し、11月13日(月)の発売を予定している。

トヨタは昨年、「これからの時代のクラウンらしさ」を追求した4つの新しいクラウンを発表した。新しいクラウンの開発は、セダンありきではなく、”クラウンとは何か”を徹底的に見つめ直したものだった。クラウンの「革新と挑戦」というDNAを引き継ぎつつ、多様な価値観やライフスタイルに寄り添うクルマとして誕生したのが、セダンとSUVが融合した第1弾のクロスオーバーだった。

こうした原点に戻った開発を経たからこそ、元来のクラウンの「型」である今回のセダンが誕生した。快適な乗り心地と上質な走りとともに、ショーファーニーズを満たすくつろぎの空間を創出。正統派セダンを再定義する新スタイルで、パーソナルにもビジネスにも応える「ニューフォーマル」という新たな価値観に挑戦し、「セダン再発見」を感じさせるクルマになっている。

【写真52枚】セダンとSUVが融合したクロスオーバーに続く第2弾 

また水素社会の実現に向け、フラッグシップであるクラウンに、今回新たに走行中にCO2を排出しない燃料電池車(FCEV)を設定。より多くのユーザーの選択肢となるハイブリッド車(HEV)とともに、多様なニーズに応える選択肢を増やしながら、電動車の普及やカーボンニュートラルの実現に貢献していくという。

◆主なポイント
◎「ニューフォーマル」という新たな価値観に挑戦

 ・快適な乗り心地と上質な走りで、パーソナルにもビジネスにも
 ・ショーファーニーズを満たす後席空間。ロングホイールベースと
  ボディのワイド化により、後席のゆとりや優れた乗降性を実現
 ・広々とした室内空間や癒しを感じる間接照明など、大人の感性を
  満たすインテリアに
◎カーボンニュートラルの実現に貢献
 ・クラウン初となるFCEVを用意、多様なニーズに応える選択肢を提供
 ・HEVでは「2.5L マルチステージハイブリッドシステム」を搭載。
  力強い動力性能と燃費性能の両立を実現

◆車両概要
1.ニューフォーマルを追求した美しいたたずまい
・外装デザイン
「オーソドックスなセダンはつくりたくない」というデザイナーたちの思いのもと、ニューフォーマルセダンという新たな価値を創造。FRプラットフォームを生かした水平基調の伸びやかなプロポーションにより、かつてのセダンにはない伸びやかで美しいたたずまいを実現した。

鋭さとワイド感を強調する「ハンマーヘッド」と、縦基調のパターンを施した大型台形グリルの「アンダープライオリティ」の組み合わせにより、トヨタのフラッグシップとしての存在感を強調したフロントフェイスに。リヤには、ワイド感を強調した横一文字のテールランプを採用した。

・内装デザイン
大型の杢目調パネルを採用し、インストルメントパネルから左右のドアに連続する配置やコンソールが浮き出て見えるようにすることで、アイランドアーキテクチャー(ディスプレイやシフトなどの各種機能をひとくくりにして、島(アイランド)のように配置するデザイン)を強調。落ち着きがありながら、広がりのある室内空間を創出した。

おもてなしの心を込めた、日本ならではの光による演出を取り入れた。インストルメントパネル左右や前席足元、リヤドアトリム左右には全64色に色替え対応可能なLED照明を配置。行燈のような柔らかい灯りによる間接光が室内に奥行きと心地よさを提供する。

・カラーデザイン
フォーマルユースからパーソナルユースまで、大人の感性に応える全6色を設定。ホワイト、シルバー、ブラックはよりフォーマルな印象に。メタルやグレー、ブロンズはパーソナルユースの印象を与える。インテリアは2色で、上質なブラックと華やかな空気感を演出するミッドブラウンを用意した。

2.ショーファーニーズに応える最高のおもてなし。後席のゆとりと快適な乗り心地
・ショーファーニーズへの対応
ホイールベースを3mに設定し、ショーファーニーズに応えるべく、後席のゆとりを創出。足元のスペースも広くなり、足抜きしやすいスムーズな乗り降りを実現した。また、極上の移動空間をお届けする数々のおもてなし装備を設置(リラクゼーション機能、日差しを遮る電動式サンシェードなど)。

サスペンションセッティングの最適化や、AVSで減衰力を制御して路面の凹凸を乗客に伝えない足回りに仕上げた。旋回時の揺れや、荒れた路面の揺れを小さく抑えてくれる。

3.多様なニーズとカーボンニュートラルに応えるパワートレーン(FCEV、HEV)
・高性能FCEVシステム
多様なエネルギーから製造可能で地球環境やエネルギーセキュリティに貢献できる水素を燃料とするFCEVは走行中にCO2を一切排出しない電動車。静粛性や環境配慮面でのショーファーカーとしての価値に加え、FCEVならではの加速性能で走りの楽しさも実現した。

MIRAIと同じ高性能FCシステムを採用。3本の高圧水素タンクと燃料電池などを搭載し、1回あたり約3分の水素充填で約820km走行可能。アクセルを踏んだ瞬間からトルクが立ち上がり、スムーズに伸びるFCEVならではのパワーと、モーター駆動ならではの静粛性や乗り心地を実現した。

・2.5L マルチステージハイブリッドシステム
新開発の2.5L マルチステージハイブリッドシステムをトヨタとして初搭載。エンジンと二つのモーターに加え、有段ギアを組み合わせることで、あらゆる車速域からのアクセル操作に応える駆動力を実現。従来はエンジン最高出力を使用できる車速領域が約140km/hからでしたが、本システムでは約43km/hから使用可能になった。

高速走行時はエンジン回転数を低く抑え、低燃費で静かな走りを可能に。排気量をダウンサイジングしながら、力強い動力性能と燃費性能を両立している。

・外部給電/非常時給電システム
外部給電器の接続により、大出力の電力を住宅や電気製品に供給できる(FCEVのみ)。FCEV、HEVともに、車内の2か所のアクセサリーコンセント(AC100V 1,500W)で電気製品を利用することが可能。走行中だけでなく、非常時給電システムとして、車両が停止した状態でも給電できる。

◆新型「クラウン」メーカー希望小売価格(消費税込)
 「Z (FCEV)」:第2世代FCシステム/後輪駆動=8,300,000円
 「Z (HEV)」:2.5L マルチステージハイブリッドシステム/後輪駆動=7,300,000円
* 沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれず。
  掲載写真の「Z (HEV)」はオプション装着車。上記価格に
  オプション料金は含まれない。

◆KINTO
新型クラウン(セダン)は、サブスクリプションサービス「KINTO」(個人・法人)でも、2023年11月9日(木)より取扱を開始する。KINTOでは、自動車保険(任意保険)や自動車税、メンテナンスなど、カーライフにかかる諸費用を含めた月々定額の料金を支払うことにより車両を利用できる仕組み。

販売店のほか、オンラインでも見積から契約までの一連の手続きに対応している。新型クラウン(セダン)場合、月々108,130円(税込)※から手軽に乗ることができる。納期などの詳細は、申込受付を開始する11月9日(木)に、以下に掲載予定。
https://kinto-jp.com/kinto_one/lineup/toyota/ 

なお、「クラウン (エステート)」についても、KINTOでの取扱を予定している。
※2 Z(2.5L HEV)の最安値パッケージ、追加オプション無し、「初期費用フリープラン」の7年契約、年2回のボーナス月の月額へ165,000円(税込)の加算を選択した場合。7年間に支払う金額の合計は11,392,920円(税込)

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!