欧州初、お手頃価格のBEV! シトロエンのまったく新しい「Ë-C3」発表。ストレスのない走りを実現

全ての画像を見る

クラス最高の快適性を備え、WLTP航続距離は最大320kmを実現!

シトロエンは、個性的な第4世代「C3」を発表し、ヨーロッパで設計・製造されたBセグメントカーのルールブックに挑戦する。オール電化の「Ë-C3」は欧州製でありながら、クラス最高の快適性、簡単な電動体験、卓越した装備レベル、そして驚くべきコストパフォーマンスを実現する一台だ。

2002年の初代発売以来、累計販売台数560万台を超えるシトロエンで最も人気のあるクルマの第4世代ラインアップを、オール電化のË-C3が堂々とリードする。C3はブランドで最も人気のあるモデルであり、シトロエンの欧州販売台数の29%を占めている。2022年、C3は欧州Bセグメント市場全体の11%を獲得した。

【写真40枚】累計販売台数560万台を超えるシトロエンで最も人気の「C3」シリーズ 

新型Ë-C3は、シトロエンの新たな章を告げるものだ。この人気で大胆なブランドは、ゼロ・エミッション・モビリティのメリットを正味、公正かつ手頃な価格で享受したい顧客のために、欧州で初めて設計され、欧州で製造されたオール電化Bハッチバックによって、すべての人がオール電化モビリティにアクセスできるようにするという課題に積極的に正面から取り組むために、自己改革を進めている。

1.クラス最高の快適性
Ë-C3は、定評ある「シトロエン・アドバンスド・コンフォートサスペンション」と新型「シトロエン・アドバンスド・コンフォートシート」を初めて組み合わせ、「魔法の絨毯に乗ったような」乗り心地を実現。新型Ë-C3は、背が高くスクエアでありながら同等のフットプリントだ。さらに妥協のない快適性、乗降を容易にする高いドライビングポジション(対Bハッチ+100mm)、高い最低地上高、さらに顧客の好みを反映したエクステリアの保護要素を提供する。

シトロエン・アドバンスド・コンフォートサスペンションは、ドライバーや乗員からは見えないプログレッシブ油圧クッションで、このシステムは2段階で作動する。軽い圧縮と減圧の場合は、スプリングとショックアブソーバーが一緒に上下運動を制御し、油圧ストップによる補助は必要ない。

「快適性はシトロエンのDNAの重要な部分です。快適性はシトロエンのDNAの重要な部分です。だからこそ、新型Ë-C3をBハッチセグメントで最も快適なクルマにするために、新バージョンのシトロエン・アドバンスド・コンフォートシートや、C3で初めて採用されたシトロエン・アドバンスド・コンフォートサスペンションなど、シトロエンのイノベーションを惜しみなく投入しました」と、シトロエン・プロダクト&ストラテジー・ディレクターのローレンス・ハンセン氏は語る。

アットホームなインテリアでクラストップの快適性を実現
広々としたインテリアは、シンプルかつ洗練されたサーフェスで構成され、乗員に自宅のリビングルームやラウンジのような雰囲気を提供。新型Ë-C3に採用された新パターンのシトロエン・アドバンスド・コンフォートシートは、このクルマのために開発されたもので、追加のフォームを使用することで、最初の接触から心地よくソフトな感触をもたらし、どんな距離でもサポート性の高い乗り心地を提供する。

さらに、全高1.57mという新デザインの採用により、前席乗員のヘッドルームを30mm拡大。 また、前方視界が広くなったことで、乗員全員が快適なドライビングを楽しむことができる。 実際、新型Ë-C3は、全長で19mm、全幅で6mmしか変わらないにも関わらず、先代モデルよりもほぼすべての面で室内空間が広くなっている。 後席のエルボールームは平均的な市場より19mm、前席は21mm広く、後席のニークリアランスはクラス最高で、平均より20mm以上広い。

新型Ë-C3では、荷物や荷物の持ち運びも簡単だ。背の高い室内には、ドアパネル、センターコンソール、センターアームレスト下に便利でスマートな収納スペースがあり、センターコンソールにはワイヤレス充電マットが用意されている(『Max』バージョンには標準装備)。快適な60対40のリアシートバック・モジュラー(『Max』バージョンに標準装備)と1,015mmのリアホイールアーチ間の幅により、オーナーは必要なときにいつでも大きな荷物を運ぶことができ、後部座席の後ろにある310Lのゆとりあるラゲッジ容量は、ほとんどの買い物の旅には十分なはずだ。

全高1.57m(ルーフバーを除く)の新型Ë-C3は、先代モデルよりも全高が高くなり、SUVスタイルの最低地上高によって乗降が容易になるとともに、市街地や郊外での走行でよく遭遇する段差や縁石などを乗り越えても、より安心感のある走りを提供する。従来モデルの最低地上高が135mmであったのに対し、Ë-C3は163mmと大幅に向上している。

2.イージー・エレクトリック・ライフ
83kW/113hpの電気モーターが毎日の通勤や長距離移動に必要なパワーとトルクを発揮する一方、44kWhのLFPバッテリーパックがWLTP走行可能距離を最大320km(199マイル)にまで伸ばす。100kWの直流急速充電は、わずか26分で20%から80%まで充電可能。欧州全域で54万カ所以上の充電ステーションを利用可能だ。

さらに新しい「Ë-ROUTESアプリ」を使ったコネクテッド・ナビゲーションにより、所要時間が短縮され、より信頼性の高い「ライブ」充電ネットワークにいつでもアクセスできる。

ステランティス初のコスト効率に優れたBEV専用プラットフォームは、44kWhのLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーパックを採用し、WLTP走行可能距離320km(199マイル)を実現した。

3.フル装備
シトロエンの新型Ë-C3は、快適性を追求した妥協のない装備とスマートなソリューションの包括的なポートフォリオにより、驚きと喜びを提供する。

シトロエン・ヘッドアップ・ディスプレイとコンパクトなステアリング・ホイールを備えた「C-Zenラウンジ」は、ダッシュボードを刷新するスマートなアプローチであり、ドライバーの視線を道路から逸らすことなく、すべての主要情報に簡単にアクセスできる、従来のインストルメント・クラスターに代わるものだ。

インフォテインメント用のNFC(近距離無線通信)ワイヤレス技術を使用して、専用の新しいアプリケーションを自動起動できるスマートフォンホルダーを内蔵した。クラストップレベルの快適性と、車内にいるすべての人のための穏やかな環境を確保することは、電気自動車Ë-C3の設計およびエンジニアリングチームにとって明確な優先事項であり、同様に重要なことは、このヨーロッパで設計・製造されたBハッチバックに、あらゆる顧客のニーズに対応する驚くほど包括的な装備とスマートなソリューションを与えることだった。

C-ZENラウンジ
C-ZENラウンジは、シトロエンに期待されるように、従来のダッシュボードを刷新し、極めて高いレベルの快適性を実現してた。この導入により、ドライバーと助手席乗員は、大きなウィンドスクリーンと車両全体にグラフィカルに広がる水平フェイシア、そしてシトロエンの特徴である縦型のエアベントによって、まるで大きなアーチを覗き込んでいるかのような、すっきりとした視界を前方に得ることができる。

ダッシュパネル上部とフロントガラス下部の間にある光沢のあるブラックの部分に車両情報を映し出す新しいシトロエン・ヘッドアップ・ディスプレイが初めて採用され、このスマートなソリューションにより、従来のヘッドアップディスプレイ・システムとインストルメント・クラスターのように情報が重複することがなく、ドライバーは道路から目を離すことなく、必要なすべての主要情報に簡単にアクセスすることができる。

4.最高のコストパフォーマンス
航続距離320kmのË-C3は、欧州の多くの市場で23,300ユーロからの適正価格で提供される。シトロエンは、電気自動車によるモビリティをすべての人に身近なものにするという使命を積極的に強化しているのだ。消費者にとっては、装備の充実した「You」と「Max」の2つのバージョンからなる合理的なラインアップにより、選択のシンプルさが確保されている。航続距離200kmのË-C3は2025年に登場、価格は19,990ユーロからとなる。エントリーグレードの「You」が23,300ユーロからという、フェアでネットプライスな価格で提案される。

先陣を切る「You」シリーズには、フロントLEDヘッドランプ、シトロエン・アドバンスド・コンフォートサスペンション、アクティブセーフティブレーキ(緊急ブレーキシステム)、新型シトロエン・ヘッドアップディスプレイシステム、インフォテイメント用「My Citroen Play with Smartphone Station」、電動ドアミラー、オートライト、リアパーキングレーダー、リアスポイラー、クルーズコントロール、マニュアルエアコン、6エアバッグなど、高レベルの標準装備が装備される。

最上級の「Max」シリーズには、17インチダイヤモンドカットアルミホイール、シトロエンのコントラストルーフ付ツートーンペイント、デコラティブルーフレール、フロント&リアスキッドプレート、10. 25インチカラータッチスクリーン(スマートフォン・ミラーリング機能付)、シトロエン・アドバンスド・コンフォートシート、オートワイパー、パワーフォールディング&ヒーテッドドアミラー、レザーエフェクトステアリングホイール、60/40可倒式2列目シート&運転席シートアレンジ、LEDリアランプ、リアプライバシーガラス、TEP/ファブリックシート、オートエアコン、3Dナビゲーション、ワイヤレス充電、リアカメラ、エレクトロクローム・バックミラー、リアパワーウィンドウが追加される。

新型Ë-C3は「ポーラーホワイト」「モンテカルロブルー」「エリクサーレッド」「マーキュリーグレー」「ペルラネラブラック」の5色の個性的で上質なペイントカラーから選べる。シトロエンのシグネチャーであるツートンカラーのコントラストルーフは、ブラックまたはホワイトの「Max」バージョンに標準装備され、Cピラー上のセパレーションは、Cピラーのシートメタルに押し込まれたシャープなフォルムラインに沿っている。新型シトロエンË-C3は、2024年第2四半期にディーラーに到着する。

5.新しいブランド・アイデンティティと大胆なデザイン
シトロエンの新しいブランド・シグネチャーは、シトロエンの”シェブロン”を新たに解釈した大きな楕円形のロゴで、市販車では初披露となる。より背が高く、より大胆になったシトロエン Ë-C3は、2022年のシトロエン Oliコンセプトで初めて予告された、垂直性と水平で技術的に彫刻された表面とのコントラストを持つ、新しいシトロエンのデザイン言語を誇らしげに導入している。

4代目となる欧州向けシトロエン Ë-C3ファミリーは、シトロエンの大胆で新しいブランドデザインの特徴を体現する、フレッシュで主張のある外観に一新された。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!