【スクープ】レネゲードよりコンパクト! ジープがラインアップ最小のSUVを開発中、フルEVも設定か!?

2022/06/24 11:30

「eCMP」アーキテクチャを採用し多彩なパワートレインを用意

ジープは、数年前から次世代コンパクトEVの投入が噂されていたが、その市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

捉えたプロトタイプは、短いオーバーハングを特徴としており、ジープのシグネチャーグリルをカモフラージュラップでカバー、シトロエンを彷彿させるスプリットヘッドライトを備えている。またグリルは閉ざされ、スリムで細長い下部バンパーインテークはオペル「モッカ」にも似ている。

【写真7枚】ジープ最小SUVの画像はコチラから

側面では角張ったホイールアーチ、頑丈なCピラーが装備。後部では、レネゲードを思わせるLEDテールライトの形状が見てとれるほか、ルーフスポイラーがスポーティさを演出している。

市販型では、プジョー『e-2008』、オペル『モッカ-e』、『DS3クロスバック E-テンス』などいくつかのコンパクトFWDモデルをささえる「eCMP」アーキテクチャを採用、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドパワートレインも提供する可能性が高く、6速マニュアルまたは8速オートマチックギアボックスと組み合わされる。またフルエレクトリックバージョンも設定され、こちらは最高出力136psのシングル電気モーターと50キロワットのバッテリーパックが組み合わされるという。

ジープ次世代コンパクトSUVは、2023年モデルとして2022年末にデビュー、レネゲードの下にラインアップされる。主にB-SUVの人気が高まっている欧州市場に焦点を当てるが、北米を含む他の市場にも提供される可能性もありそうだ。また生産は、アルファロメオが開発中のコンパクトSUV『ブレンネロ』と、次世代フィアット『500X』とともにポーランドのステランティス工場で行われる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧