マセラティ初の新型コンパクトSUV「グレカーレ」のオーダーが開始。ドライバーのライフスタイルにフィットした3モデルが登場

日常に地中海からの新たな風“グレカーレ”を呼び込む、新しい一台

マセラティは2022年5月24日(火)より、2022年3月に発表されたマセラティ初の新型コンパクトSUV「グレカーレ」のオーダー受付を全国のマセラティ正規ディーラーにて開始する。またそれに伴い、グレカーレに対応したコンフィギュレーターが、マセラティ公式ウェブサイト「Maserati.com」にてオープンとなる。


グレカーレは、”The Every day Exceptional (毎日が格別)”をコンセプトとする、マセラティ初のコンパクトSUV。スタイリッシュな流線型のデザインや最高品質の素材でつくられた内装、高い技術スペックなど運転時に群を抜いたパフォーマンスを発揮しながらも、子どもの送り迎えや通勤といった日常生活のあらゆるシーンにおいても活躍する。
今回オーダー受付が開始されるのは、300psの4気筒マイルドハイブリッドエンジンを搭載した「GT」、330psの4気筒マイルドハイブリッドエンジンを搭載した「モデナ」、そしてMC20に搭載されたマセラティ独自のネットゥーノエンジンをベースとする530psの高性能3.0LガソリンV6エンジンを搭載した「トロフェオ」の3モデルで、ドライバーのライフスタイルに合った各モデルは、日常に地中海からの新たな風“グレカーレ”を呼び込む。


希望小売価格は「グレカーレGT」が¥8,620,000(税込)、「グレカーレ モデナ」が¥10,460,000(税込)、「グレカーレ トロフェオ」が¥13,950,000(税込)となり、オーダー受付は5月24日(火)から全国のマセラティ正規ディーラーにおいて開始され、デリバリー開始は2023年の初春を予定している。
さらに、発売を記念して登場する、特別な内装と技術仕様が魅力の導入限定エディション「グレカーレ プリマセリエ (PrimaSerie Launch Edition)」も同時にオーダー受付を開始。PrimaSerie(プリマセリエ)は「最初のシリーズ」であることを意味し、新型車のオーナーとしての特権を象徴しており、デザインにおいてもインナーヘッドレストに施されたプリマセリエ専用ステッチを施すなど細部までこだわった一台となっている。世界で限定1,000台(左ハンドルのみ)が生産予定となっており、希望小売価格は「グレカーレ プリマセリエGT」が¥10,710,000(税込)、「グレカーレ プリマセリエ トロフェオ」が¥17,180,000(税込)となる。ぜひオンライン上で、「自分だけのグレカーレ」を作ってみよう。
詳細はお近くのマセラティ正規ディーラー、maserati.com、またはカスタマーコールセンター
(フリーダイヤル:0120-965-120 ※9時~18時半/年末年始を除き無休)まで。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧