ダックテールスポイラーを搭載した1250台の限定モデル!「ポルシェ911スポーツ クラシック」を発表

ポルシェのヘリテージデザイン戦略第2弾

ポルシェは新型「911スポーツ クラシック」を発表した。911スポーツ クラシックはヘリテージデザイン戦略から発表した4つのコレクターズアイテムのうちの第2弾で、ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥールによる合計1,250台の限定モデル。

911スポーツ クラシックは現在注文が可能で、価格は272,714ユーロから。2022年7月以降、ヨーロッパのポルシェセンターからデリバリーが開始され、追加市場も順次登場する予定としている。

2009年に発表された直前の997ベースの911スポーツ クラシックと同様、このモデルの外観は、オリジナルの911(1964年~1973年)、特に1972年の911カレラRS 2.7にインスパイアされている。

象徴的なワイドボディは911ターボモデルだけのもので、伝説の「ダックテール」カレラRS 2.7スタイルの固定リアスポイラーとダブルバブルルーフ、そしてボンネット、ルーフ、リアスポイラーに描かれたライトスポーツグレーのツインストライプによって、新しい911スポーツクラシックの個性をより際立たせている。

さらにモデルの専用塗装は、初期のポルシェ356のファッショングレー塗装にインスピレーションを得ており、スタイルポルシェ副社長のマイケル・マウアー氏は「新型911スポーツ クラシックは、スポーツグレーメタリックの塗装を採用した最初の車種です」と語っている。

このスポーツグレーメタリックの他に、ソリッドブラック、アゲートグレーメタリック、ゲンチアンブルーメタリックも用意される。

インテリアでは、ドアパネルとシートセンターにペピタを象徴する千鳥格子のパターンが施され、ブラック/クラシックコニャックの2トーンのセミアニリンレザーが外装色とのエレガントなコントラストを演出している。

パワートレインは3.7リッターツインターボフラット6エンジンで、405kW(550PS)の後輪駆動。7速マニュアルギアボックスとの組み合わせで、ニュー911スポーツクラシックは現在入手可能なマニュアルの911の中で最もパワフルな存在となる。

ギアボックスにはオートブリップ機能があり、シフトダウン時にはエンジン回転数を自動で補正。標準装備のスポーツエグゾーストシステムは、このモデル専用にカスタマイズされ、よりエモーショナルなサウンドを体験することができるという。

また、ポルシェ デザインは、コレクターズエディションの車両を購入したドライバーのみが入手できる高品質なクロノグラフを制作。この時計は、新しい911スポーツクラシックのデザインの数々のディテールをシームレスに取り込んだものとなっている。

ポルシェは、他にも4つの限定モデルを長期にわたって発表しており、その第一弾として2020年に発表されたのが、1950年代と1960年代のデザイン要素を取り入れた「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」となっている。

ポルシェ公式サイト

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧