ボルボ、人気の「C40 リチャージ」にリーズナブルな前輪駆動モデルを追加!

シングルモーターモデルを加え、ラインナップを拡充。なんと600万円を切る価格を実現!

ボルボ・カー・ジャパンは、電気自動車「ボルボ C40 Recharge」のラインナップに、シングルモーターの前輪駆動モデルを追加するとともに、一部仕様を変更し、2022年4月21日(木)よりオンラインストアでの販売を開始する。なお、今回発表する仕様のものは、本年秋デリバリーの予定だという。

ボルボ C40 Rechargeは2021年11月に国内発表された、ボルボが初めて日本国内で販売する電気自動車で、クーペと SUV が融合したスタイリッシュなクロスオーバーのデザインや、完全なレザー(本革)フリーインテリア、リサイクル素材の積極的な採用を特徴としている。日本導入を記念し、100台限定のサブスクリプション・キャンペーンを実施し、販売予定台数の約6倍の申込を獲得するなど、大きな注目を集めている一台だ。

今回の仕様変更は、幅広い顧客の要望に応えるため、前輪駆動のシングルモーターモデル「C40Recharge Plus Single Motor」をラインナップに加えたもの。容量69kWの駆動用リチウムイオンバッテリーによって前輪に設置されたモーターを駆動し、EV走行距離は 434km※(欧州WLTP モード)に達する。メーカー希望小売価格は5,990,000円とし、より求めやすい価格を実現した。

全輪駆動のツインモーターモデルは、モデル名を「C40 Recharge Ultimate Twin Motor」へと変更し、従来標準装備としていたピクセルLEDヘッドライトがオプション装備となり、メーカー希望小売価格は6,990,000円へ変更された。ツインモーターモデルには、新たにオレフォス社製クリスタル・シフトノブが装着されるテイラードウールブレンドシートの内装仕様がオプションとして追加設定された。さらに、C40 Recharge全車のルーフピラーおよびルーフスポイラーについて、ボディカラーとの同色化が図られるとともに、ボディカラーにオニキスブラックメタリックが追加されている。

ボルボ・カーズでは 2030年までに新車販売の100%を電気自動車にすることを目標としており、日本においても 2025年に新車販売の40%、10,000台の電気自動車を販売する計画だという。C40 Recharge のモデルラインナップ拡充は、日本国内における電気自動車の販売拡大の戦略に沿ったものだ。
※C40 Recharge Plus 日本仕様の一充電走行距離は未定。

◆「ボルボ C40 Recharge」仕様と希望小売価格(消費税込)
「C40 Recharge Ultimate Twin Motor」
 最高出力300kW(408ps)、最大トルク 660Nm(67.3kgm)、駆動用バッテリー容量78kW、6,990,000円
「C40 Recharge Plus Single Motor」
 最高出力170kW(231ps)、最大トルク 330Nm(33.7kgm)、駆動用バッテリー容量69kW、5,990,000円
 ※駆動用バッテリーは急速充電:150kW(CHAdeMO)まで対応、普通充電: 9.6kW(AC200V の場合)まで対応しています。
 ※C40 Recharge Plus Single Motor の電動機出力値は参考情報となります。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧