【スクープ】これぞ世界最速EVセダン! テスラ モデルS「ブレイド」、すでにタイカン超え!?

2021/09/19 09:00

21インチ大径ホイールにミシュラン製タイヤを装着

米テスラは6月、「モデルS」の高性能ブランド「Plaid」(プレイド)発売イベントを行なったが、最新プロトタイプがニュルブルクリンクへ向かう姿が目撃された。

プレイドは3基の電気モーターを搭載、システム合計で1,100psを発揮、0-96km/h加速は1.99秒、1回の充電による航続は627kmのパフォーマンスを誇っている。

捉えたプロトタイプは、21インチの大径ホイールを装着、ある角度から見るとキャビン内にはロールケージが張り巡らされているだ。実は同じ「BIT0670」のナンバーを付けたプロトタイプを、2019年9月にも捉えていたが、今回とは異なるホイールを装着。リフレッシュ前のボディに暫定的なリアスポイラーが装着されていたが、今回はハイグリップのミシュラン製タイヤを履いているようだ。

プレイドがニュルへ向かった目的はズバリ、ニュル最速EV4ドアセダンの記録。約9年前に導入されたモデルがニュル最速EV4ドアのラップレコードをターゲットにしているとは興味深いが、このモデルは最新の高性能「プレイド」を搭載しており、オリジナルバージョンとはほど遠い性能を持っている。

現在同レコードは、ポルシェ「タイカン」の7分42秒が最速記録だが、テスラは2019年11月、非公式ながら7分13秒を記録したと主張しており、事実なら記録更新は濃厚で、7分以下も視野に入っているはず。

ただし、ポルシェの記録は「ターボ」でのものであり、フラッグシップ「ターボS」がまだ待機している。さらにメルセデスベンツは高性能「AMG EQS」を開発しており、2021年以降はEV4ドアセダン高速戦争が始まるかもしれない。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!