ジープがフラッグシップモデルの 「新型グランドチェロキーL」を今秋国内で発表!

4代目は3列シート仕様に

FCAジャパンは7月30日、ジープブランんどのフラッグシップモデル「新型Grand Cherokee(グランドチェロキー)」を10年ぶりにフルモデルチェンジし、2021年秋に国内発表するとアナウンス。これに先立ち、特設サイトを公式Webサイト内に同日にオープンした。

URL: https://www.jeep-japan.com/all-new-grand-cherokee-3-row.html

4代目となる新型グランドチェロキーは、3列シート仕様で「新型グランドチェロキーL」の名称で登場。卓越したパフォーマンスに伝統の4WD機能と改良されたオンロード性能、内外装のプレミアム性とクラフトマンシップを兼ね備えたモデルだ。なお、新型グランドチェロキーLの走行性能、各種装備、販売開始日、価格などの詳細については、今秋のプレス発表時に公表するという。

またジープは、2012年より、ブランドアイデンティティである「本物= Real」を踏まえた『The Pride to be Real』のコンセプトのもと、より多くのお客様にジープの世界観と豊かなライフスタイルをお伝えするため、新車情報のみならず、オーナーやファンとの交流など様々なアクティビティを提供している。

今回の新型グランドチェロキーLのコンセプトは「人生は、想像より大きい」で、このフラッグシップモデルの次世代への進化を表現すべく、今回もデジタルアート界で国際的な芸術文化活動を行う団体「MUTEK」とのコラボレーションを実施する。

こちらは、昨年の「Jeep®︎ Real Hybrid Campaign(ジープ リアルハイブリッドキャンペーン)MUTEK.JP」でコラボした、e-Creator 7人から選ばれたManami Sakamotoさんと、Sakiko Osawaさんによるデジタルアートとミュージックが融合したビジュアルを公開するほか、さまざまなMUTEKとのコラボレーション企画を予定しているとのことだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!