よりアグレッシブなデザインにパワーアップしたエンジンを搭載! 新型「マカン」が予約受注を開始!

ポルシェの稼ぎ頭がブラッシュアップ!

ポルシェジャパン7月20日、フェイスリフトを受けたミドルサイズSUVマカンの改良モデルの予約受注を開始すると発表した。価格は「マカン」が7,540,000円、「マカンS」が9,770,000円、そして「マカンGTS」が11,880,000円(いずれも税込)となっている。

今回改良が施されたマカンでは、3モデルとも全て先代よりも大幅に出力が増大しているのがトピック。フラッグシップとなるマカンGTSでは、搭載される2.9L V6ツインターボユニットの最高出力が、先代を44kW(60PS)上回る324kW(440PS)へと向上し、スポーツクロノパッケージ仕様車は0→100km/hが加速がわずか4.3秒、最高速度は272km/hをマークする。一方同じ2.9L V6ツインターボユニットを搭載するマカンSも、先代を20kW(26PS)上回る最高出力280kW(380PS)を発生。同じく0→100km/h加速は4.6秒、259km/hの最高速度に達する。また、マカンのエントリーモデルは新開発の4気筒ターボエンジンを搭載、最高出力195kW(265PS)、0→100km/h加速は6.2秒、最高速度は232km/hというパフォーマンスを発揮する。組み合わされるトランスミッションは全車7速PDKで、ポルシェトラクションマネジメント(PTM)4WDシステムも備わっている。

エクステリアは、一見するとさらにシャープになった印象で、刷新されたノーズ部分はブラックアウトされるとともに、ワイド感を強調し、より人目を引くデザインとなった。リアでは技術的なデザインを取り入れたディフューザーが際立っている。

一方標準装備されるホイールも大径化され、マカンは19インチ、マカンSは20インチ、マカンGTSは21インチとなり、7種類の新しいホイールデザインも追加で用意された。

インテリアには、最新のデザインのセンターコンソールを採用。これは物理的スイッチの代わりにタッチパネルで操作ができ、コントロールモジュールの中央には、コンパクトになった新しいセレクターレバーが備わっている。また、ゲンチアンブルー、パパイヤ、またはクレヨンのレザートリムとコントラストステッチ等をオプションで用意。新しいマルチファンクションGTスポーツステアリングホイールは911から採用されたものだ。

トップモデルでのみ利用可能なGTSスポーツパッケージには、ダイナミクスのメリットとエクステリアのブラックハイライトに加えて、専用のインテリアも装備。18 way電動調節機能付スポーツシート、カーボンインテリアパッケージ、エクステンデッドレザーエレメントを備えたRace-Texインテリア、さまざまなアイテムのコントラストステッチ、およびパイソングリーンの“GTS”ロゴが含まれている。

ダイナミクス性能に関しては、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)のダンパー特性などをモデル専用に再適合化。GTSでは、ボディを10mm低く設定するスポーツエアサスペンションを標準装備、フロントアクスルの剛性を先代より10%高く、リアアクスルで15%高くし、スポーツ性を向上させた。

マカンは2014年の市場投入以来、世界中で600,000台が販売され、ポルシェにとっても重要なモデル。購入者の約80%がポルシェの新規ユーザーで、女性の割合もポルシェの全ラインナップの中で最も高くなっているという。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!