フェラーリブランドとして初の6気筒エンジンを搭載!「フェラーリ296 GTB」がデビュー!

2021/06/24 23:30

極めてコンパクトなフォルムながらパフォーマンスは一級品!

フェラーリは6月24日、同ブランドとしては初の6気筒エンジンを搭載したミッドエンジンベルリネッタスポーツの「296 GTB」を発表した。

この296 GTB の名称はフェラーリの伝統に則って、総排気量(2.992L)と気筒数にグランツーリスモベルリネッタの頭文字であるGTB を組み合わせている。

注目のV6ターボユニットは、最高出力663cvを発生、プラグインの電気モーターが組み合わされることでトータル830cv、最大トルク740Nmのスペックを誇り、0→100km/h加速は2.9秒、最高速は330km/hのパフォーマンスを発揮するという。

エクステリアは短いホイールベースと1 個の塊から削り出されたようなストラクチャーを持ち、極めてコンパクトなスタイリングが特徴。フロント部分は先端にいくほど絞り込まれていく形状とされた一方、サイドは力強いプレスラインが与えられ、大型のエアインテークが備わっている。リアエンドには格納型スポイラーが組み込まれ、コンビネーションランプは伝統の丸形2 灯を再解釈した半円形に、テールパイプをセンター1本出しとしているのもトピックだ。

コックピットは完全なデジタル・インターフェースによる新コンセプトを中心に開発。エンジン停止中はインストゥルメント・クラスターは黒一色となるが、ひとたび「Start Engine」ボタンが押されると、すべてのコンポーネントに徐々に光が点る演出も施されているほか、シートや内装には高級イタリアンレザーがあしらわれている。

一方エアロダイナミクスも高レベルで、ハイ・ドラッグモードではアクティブ・スポイラーによってダウンフォースが100 kg 上乗せされるという。

また296GTBには、Assetto Fiorano パッケージも用意されており、こちらは最大パフォーマンスのために一切の妥協を排して、大幅な軽量化やエアロパーツが採用されたモデルとなっている。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!