メルセデス・ベンツがコンパクトクラス初のプラグインハイブリッドモデルとなる「A 250 e」を発売!

EVモードでは1回の充電で約70kmの走行が可能

メルセデス・ベンツ日本は、スポーツコンパクトの「Aクラス」に、プラグインハイブリッドの「A 250 e」「A 250 eセダン」を追加し、5月26日より予約注文の受付を開始した。なおデリバリーは6月上旬より順次予定している。価格はハッチバックのA 250 eが5,570,000円(受注生産)、セダンのA 250 eセダンが5,670,000円(いずれも税込)となっている。
Aクラスは、先代モデルのワイド&ローのプロポーションとアグレッシブで若々しいボディスタイルというコンセプトはそのままに、プラットフォームを完全新設計し、メルセデス・ベンツの先進技術を注ぎ込むことで快適性が大きく向上したスポーツコンパクトモデル。一方Aクラスセダンは、AクラスやBクラスなどに使用している最新の前輪駆動シャシーをベースにした初のプレミアムコンパクトセダンで、セダンのフォーマルさと、Aクラスの持つ若々しいイメージを融合させたモデルで、狭い街中であっても持て余すことがない、コンパクトなボディサイズが特長となっている。

今回追加される「A 250 e」は、最高出力160ps(118kW)、最大トルク250 Nmを発生する1.4L直列4気筒ターボエンジンM282に、プラグインハイブリッドシステムを採用。フロア下部には15.6kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載され、140km/hまではモーターのみでの走行が可能で、EVのように使用することも可能だ。また、電気モーターのみで走行可能な航続距離は70.2kmを実現するとともに、3.2kWまでの交流普通充電と、24kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。

また、特性の異なる6つのドライブモードを備えることで、ドライバーをサポート。 搭載されているドライブモードは以下のとおりとなる。
• C(コンフォート):デフォルトのモード。走行状況、走行距離に応じて駆動方式が選択されるモード
• ECO(エコ):電気モーターでの走行が優先されるモード。走行状況と走行距離に応じて最適な駆動方式が選択される。
• S(スポーツ):最高のレスポンスによりスポーティな走行性能を実現することを重視したドライブモード。
• I(インディビジュアル):走行特性、ステアリング特性を個別に設定できる カスタマイズ可能なドライブモード。
• EL(Electric):セーリングモードが作動し、140km/hまでの速度で電気モーターのみでの走行が可能。
• BL(Battery Level):充電量を一定に保つため、ハイブリッドシステムによる駆動方式を選択。

さらにELモード走行時には、ステアリングホイール裏のパドルによりバッテリーへのエネルギー回収量を5段階で調整が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、 右側が低減のスイッチとなっており、以下の段階が設けられている。
• D+ : コースティング
• D : 軽度の回生ブレーキ
• D- : 中程度の回生ブレーキ
• D- – : 強度の回生ブレーキ(ほとんどの場合、回生ブレーキだけで十分な減速が得られます)
• D Auto : 前走車との車間距離、登坂・降坂などの道路状況などを加味し、最適な強度の回生ブレーキ
なお、完全に停車させるときは、回生ブレーキの設定に関係なく、これまでと同様のブレーキ操作を行う必要がある。

また「インテリジェントアクセルペダル」と呼ばれる装備は「プレッシャポイント機能」を備えており、これはELモードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点で、アクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現する。

購入の際には、交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施し、充電によるお客さまの利便性を向上しているのもうれしいところだ。

公式ページ https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/a-class/a-class-hatchback/explore/model-year-update-w177.module.html

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!