スポーティ&ダイナミックなデザインに最新のインフォテイメントシステムを搭載!「新型アウディA3シリーズ」がデビュー

相澤隆之
AUTHOR
2021/04/21 15:30

1.0TFSIエンジンに48Vハイブリッドの組み合わせはコンパクトモデル初

アウディジャパンは 、プレミアムコンパクトハッチバックおよびセダン、アウディA3シリーズをフル モデルチェンジ、4月21日より受注を開始し、5月18日より発売を開始すると発表した(40 TFSIは、2021年秋発売予定)。価格はエントリーモデルのスポーツバック30 TFSIが3,100,000円~、上級モデルのスポーツバック40 TFSIクワトロSラインが4,830,000 円~、高性能版のS3スポーツバックが6,420,000 円~(いずれも税込)となっている。
アウディA3シリーズは、プレミアムコンパクトのパイオニアとして、世界最大のマーケットであるコンパクトセグメントにおいて高い人気を誇るハッチバック&セダン。先代の第3世代では、2013年よりA3スポーツバックを、2014年にはセダンを国内に導入し、手頃なボディサイズをはじめ、アウディらしいスポーティかつエレガントなスタイル、高品質なインテリア、卓越した走行性能で高い評価を得てきた。
第4世代となる新型は、スポーティなデザインに高効率化されたエンジンと洗練されたサスペ ンション、よりデジタル化した操作系やディスプレイ、さらに高機能に なったインフォテイメントシステムやドライバーアシスタンスシステムと、全方位で進化。 またグレード構成を、ベース/アドバンスド/Sラインと刷新している。

エクステリアは、アウディの最新のデザイン言語に則り、低くワイドなシングルフレームとフロントエンドの大型エアインテークやエッジの効いたLEDヘッドライトが、プレミアムコンパクトカーのダイナミックなキャラクターを際立たせており、ヘッドライトからリヤライトへとつながるショルダーラインに加えて、「アウディクワトロ」をイメージしたブリスターフェンダーや彫刻的な凹面形状のドアパネルが、力強いサイドビューを形成している。

また立体的なデザインのリヤコンビネーションライトや、フロントバンパーのエアインテークをモチーフに採り入れたリヤバンパーが、ワイド&ローのプロポーションを強調。セダンでは、スポイラー形状のトランクリッドエンドを採用している。 さらに、パネルによって覆われたアンダーボディ、エアロダイナミクスが改善されたエクステリアミラー、ブレーキの冷却機能により空気抵抗が減少しており、スポーツバックのCd値は0.28 、セダンは0.25をマークする。
ボディサイズは、スポーツバックが従来比で全長+20mm、全幅+30mm拡大。フロントのヘッドルームも+7mm、エルボールームは+6mm、後席ではショルダールームが+2mm、エルボールームが+3mm と室内空間も拡大された。ラゲッジスペース容量は380L(最大1200L )を確保している。一方セダンでは、先代と比較して全長は+30mmで4495mm、全幅は+20mmの1815mmで、全高は+20mmで1425mmとなっている。トランク容量は425Lだ。
インテリアには、センターコンソールを運転席側に向けたドライバーオリエンテッドなデザインを採用。新形状のシフトスイッチもコンパクトで、空間に広がりを与えると同時にリリースボタンを廃したことで 、前後への単純な動作でシフト操作を可能にしている。

またサステイナブルな取り組みの一環として、Sラインの標準シートのクロス部分に、リサイクルペットボトルを原料とした素材を採用。見た目と座り心地の両面で従来のテキスタイル地と同等の品質を確保しているという。ちなみに1台分のA3のシートで、1.5L容量のペットボトル換算で最大 45本分、さらにフロアカーペットなどにも62本分がリサイクル利用されているとのことだ。

インテリア以外のコンポーネントも、断熱材や吸収材、ラゲージコンパートメントのサイドパネル、積載フロア、マットなどにもリサイクル原料を使用。アウディは、生産する車両のリサイクル素材の割合を、今後数年間で大幅に増加させるという目標を掲げている。

メーターパネルには10.25インチの高解像度液晶ディスプレイに、DISドライバーインフォメーションシステムや、地図表示などの機能を統合したアウディバーチャルコックピットをオプションで設定。インフォテイメントとしては、最新の10.1インチタッチスクリーン式「MIB3」MMIナビゲーションシステムを搭載している。
パワートレインは、30 TFSIに最高出力110ps、最大トルク200Nmを発揮する1.0TFSIエンジンを搭載。日本へ市場導入されるプレミアムコンパクトセグメントでは初めて、ベルト駆動式オルタネータースターターBASと48V リチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステムを組み合わせることで、低燃費化を図るとともに、加速時にはモーターによるアシストによって走行性能を高めている。

一方、40 TFSIモデルは、190ps/320Nmを発生する2.0TFSIエンジンを搭載し、クワトロ四輪駆動システムとの組み合わせとなる。 トランスミッションは両エンジンともに高効率かつ素早い変速を可能にする7速Sトロニックを搭載します。サスペンションは30 TFSIは前:後がマクファーソンストラット式:トーションビーム式、40 TFSIはマクファーソンストラット式: 4リンク式の組み合わせだ。
また、最新の安全技術とアシスタンスシステムが採用されており、従来のアダプティブクルーズコントロールやアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した、アダプティブクルーズアシストをオプションとして用意。前走車の追従機能に加えて、車線からのはみ出しを自動で修正する車線維持機能により、ドライバーの疲労を軽減してくれる。

高性能版のSモデルである、S3スポーツバック/セダンは、ボンネットの先端に往年のアウディクワトロを彷彿とさせるデザインのスリットを備え、さらにハニカムパターンのシングルフレームグリルや大型のエアインテークを備えたフロントバンパー、専用デザインのリヤディフューザー、左右4本出しのテールパイプなどにより、スポーティさに磨きがかけられた。インテリアは黒を基調にスポーツシートを採用するなど、プレミアムスポーツの雰囲気を強調。12.3インチのバーチャルコックピットプラスが標準装備となる。

2.0TFSIエンジンは最大1.8bar の加給圧(相対圧)のターボチャージャーと350bar の燃料噴射を備え、最高出力310ps、最大トルク400Nm を発揮、トランスミッションは7速Sトロニックで、電子制御式油圧多板クラッチを用いたクワトロ4WDシステムを組み合わせている。

サスペンションは、フロント:マクファーソンストラット、リア:4リンクで、ベースモデルに比べて車高を 15mm 低く設定。またオプションで電子制御式のダンピングコントロールサスペンションを選択することも可能だ。ラゲッジスペースの容量はスポーツバック、セダンともに325Lだが、スポーツバックではリアシートを倒すと1145Lまで拡大できる。

また、新型モデルの導入を記念して1stエディションを用意。 A3 30 TFSIアドバンスド をベースに装備を充実したモデルをスポーツバックとセダンそれぞれ 375 台と 125 台、 S3スポーツバックを125 台発売する。価格は、A3スポーツバックが4,530,000 円、セダンが4,720,000円、S3スポーツバックが7, 110,000 円となる。

オンラインで開催された発表会では、モデルのマギーさんがゲストとして登場。自らのYouTubeチャンネルでスーパースポーツの動画をアップするほどクルマ好きのマギーさんは、A3シリーズについて、「コンパクトでハイスペックなクルマだと、いつでも好きなところに行けますね」とコメントしていた。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!