自動運転レベル3を実現した新型「ホンダ・レジェンド」が100台限定販売!

AUTHOR
2021/03/06 08:00

新型「レジェンド」にハンズオフ機能付き高度車線変更支援機能や渋滞運転機能などを含む「ホンダ センシング エリート」を初採用

3月4日、ホンダはレベル3の自動運転を可能にする「ホンダ センシング エリート」を初採用した新型「レジェンド」を、3月5日に発売すると発表した。発売されるのは「レジェンド・ハイブリッドEXホンダ センシング エリート」の1グレードで、リース専用として100台が販売される。消費税込みの車両本体価格は、11,000,000円。

ホンダは道を使う誰もが事故に遭わない社会の実現を目指し、「Safety for Everyone」のスローガンのもと、安全技術の研究・開発に世界に先駆けて取り組んできた。人間の好奇心を後押しし、すべての人が心から安心して自由に移動できる社会、そんな喜びある未来を見据え、先進安全技術の新たな一歩として「ホンダ センシング エリート」を搭載した新型レジェンドを発売した。

ホンダ センシング エリートは、現在ホンダ車で展開されているホンダ センシングのなかでも「Elite:精鋭・優れた技術」の象徴として命名。とくに「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」はホンダが国交省より自動運行装置として型式指定を取得した自動運転レベル3(条件付自動運転車[限定領域])に適合する先進技術で、これにより高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行なうことが可能となった。

車両制御においては3次元の高精度地図や、全球測位衛星システム(GNSS=Global Navigation Satellite System)の情報を用いて、自車の位置や道路状況を把握。多数の外界認識用センサーで周囲360度を検知しながら、車内のモニタリングカメラでドライバーの状態を見守る。こうしてさまざまな情報をもとにメインECUが認知・予測・判断を適切に行ない、アクセル、ブレーキ、ステアリングを高度に制御して上質でスムーズな運転操作を支援する。

「ハンズオフ機能」は、高速道路や自動車専用道で、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システム(LKAS)が作動中に一定の条件を満たすと、ドライバーがハンドルから手を離した状態でも、システムが運転操作を支援する機能。以下の3つの機能が設定されている。
●ハンズオフ機能付車線内運転支援機能
システムが車線内の走行や追従を支援。システムは設定された車速を保ちながら車線中央に沿うように走行し、先行車がいる場合は適切な車間距離を保ちながら追従を支援する。
●ハンズオフ機能付車線変更支援機能
ハンズオフ機能付車線内運転支援機能で走行中、ドライバーが周囲の安全を確認しウインカーを操作すると、システムが車線変更に伴う加減速、ハンドル操作を支援する。
●ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能
ハンズオフ機能付車線内運転支援機能で走行中、高度車線変更支援スイッチをONにすると一定の条件下でシステムが状況を判断し、車線変更や追い越しなどの操作を支援。システムが車速の遅い先行車を検知した場合、ドライバーに告知を行ったうえで、追い越しや車線復帰を支援する。

これに加えて、渋滞時の運転を支援する「トラフィックジャムパイロット」を搭載。これは、ハンズオフ機能付車線内運転支援機能で走行中、渋滞に遭遇すると、一定の条件下でドライバーに代わってシステムが周辺を監視しながら、アクセル、ブレーキ、ステアリングを操作する機能。システムは先行車の車速変化に合わせて車間距離を保ちながら同一車線内を走行、停車、再発進する。ドライバーはナビ画面でのテレビやDVDの視聴、目的地の検索などのナビ操作をすることが可能となり、渋滞時の疲労やストレスを軽減させる。

さらに「緊急時停車支援機能」は、ドライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援する機能。トラフィックジャムパイロット・ハンズオフ機能の終了時、システムからの操作要求に応じなかった場合、警告音を強め、シートベルトに振動を加えるなど、視覚、聴覚、触覚によってドライバーに操作要求に応じるようさらに促す。それでも、ドライバーが操作要求に応じ続けなかった場合はハザードランプとホーンで周辺車両への注意喚起を行いながら、減速・停車を支援。路肩がある場合は、左側車線に向かって減速しながら車線変更を支援する。

これらの先進運転支援機能をドライバーがわかりやすく認識できるよう、ヒューマン・マシン・インターフェイスは、ハンドルやナビ画面上部、グローブボックスに「ホンダ センシング エリート」表示灯を装備。ハンズオフ可能な状況ではハンドルの表示灯がブルーに点灯し、トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)作動時は、その他の表示灯もブルーに点灯。一方、システムがドライバーに操作要求をする際には、これらの表示灯がオレンジに切り替わって点灯・点滅するなど、わかりやすくサインを示す。また、12.3インチの大型フル液晶メーターでも、システムの作動状態や周辺車両の状況、操作要求をシンプルかつ表現力豊かに表示する。

エクステリアでは専用装備としてブルーアクセサリーランプと専用アルミホイールを採用。数多くのセンサー類も目立たないように内蔵して、自動運行装置搭載車であることをさりげなく主張しながら、フラッグシップセダンとしての品位と風格を高めている。

パワートレインは従来モデルに搭載されている3.5Lハイブリッドで、314ps/371Nmを発揮する3.5L V型6気筒エンジンと7速ATに、前後2基のモーターを組み合わせる。駆動方式は「スポーツハイブリッドSH-AWD(スーパーハンドリング-オールホイールドライブ)」による四輪駆動だ。

オンラインで開催された発表会では、最初に本田技術研究所 先進技術研究所 エグゼクティブチーフエンジニアの杉本洋一氏がプレゼンテーション後に車両をアンベール、続いて本田技研工業 四輪事業部 ものづくりセンター レジェンド開発責任者の青木 仁氏がホンダセンシングエリートの機能説明、本田技研工業 執行職 日本本部長の寺谷公良氏が販売に関する説明をし、最後に質疑応答も行なわれた。

この新型レジェンドはリースでの取り扱いとなり、リース契約・サービスにあたっては特定の販売店で案内される。詳しくはホンダの公式ホームページにてご確認を。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!