【国内試乗】「プジョーSUV e-2008GT ライン」パワートレインは“二刀流”プジョー最新の個性派コンパクトSUV

小野泰治
AUTHOR
2021/02/27 12:00

日本でも根強い支持を集めていたプジョー2008が2代目へとスイッチ。正式車名にも改めて「SUV」の3文字が追加された。先に上陸した208と同じく、日本仕様のパワーユニットはガソリンとEVの二本立て。今回はEV版の出来映えをご報告しよう。

スタイリッシュでも持ち前の合理性は健在!

2代目となった新型でまず目を引くのは、先代より格段にSUVらしくなった外観だ。それを後押しするように、日本での正式車名にも改めてSUVの3文字が追加。208などとの差別化が明確になった。そのボディサイズは、先代比で全長と全幅が145mmと30mm拡大。ホイールベースも70mm伸びたが、全高は20mm低い1550mmに。一方、地上高は55mm増加した205mmということで、ボディが先代より天地方向に薄くなったのは明らか。事実、実車を前にすると新型は数値以上にスマートに見える。また、日本の使用環境では立体駐車場の多くに対応する全高となったことも、特に都市部に住む人には魅力的なはずだ。

普通充電用と急速充電用を1カ所にまとめた充電口は左リアフェンダーにレイアウト。EV版であるe-2008の外観は、Aピラー付け根のエンブレムやボディ同色のフロントグリルなどで、さりげなく独自性をアピール。

また、プジョー最新のデザイントレンドに従ったスタイリングは凝ったディテールも個性的。特に、プジョーがファセット(切り子)と表現するボディサイドの大胆な面構成は、眺める位置次第でハイライトとシャドーの対比が鮮明で、スタイリング上の見せ場になっている。この点、どちらかといえば堅実な風情だった先代とは対照的な変身ぶりといえそうだ。

ガソリン、EV版ともにグレードはアリュールとGTラインの2種。EV版GTラインは唯一ホイールが18インチに(他は17インチ)

とはいえ、フランス流の合理性を体現するプジョーの最新作とあって実用性もしっかり進化している。相変わらず座り心地に優れた前後席は十分な居住空間が確保、荷室に至ってはクラス最大級の広さを誇る。その容量は、先代比で74~295Lの大幅増。ボディがひとまわり小さい現行208比では68~305L増となるだけに、ファミリーユースではこちらが選ばれるケースも多いだろう。

インパネは、メーターの情報をホログラムのように立体的に表示する最新の3D iコックピットを採用。ステアリングは現行プジョーではお馴染みの小径タイプ。GTラインのシート表皮はアルカンタラとテップレザーのコンビ。

その208と同じく、グループPSA最新の骨格となるCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)に搭載されるパワーユニットは2種。ひとつは130psと230Nmを発揮する1.2Lターボで、もうひとつは136psと260Nmの電気モーター。こちらは電力量50kWhのリチウムイオンバッテリーが組み合わせられ、公称で385㎞の航続距離を実現するピュアEVとなる。

クラス最大級の荷室容量は、通常時が434?で後席を畳んだ最大時は1467L。これはガソリン仕様とEVで同一となる。床面のフロアボードは、高さが2段階から選べる。

今回試乗したのは、車名である4桁数字の前に「e-」が入る後者。エコ、ノーマル、スポーツという3つの走行モードを備える点は208のEV版と同じで、先述のアウトプットはスポーツモード選択時のもの。ノーマルモードでのそれは109psと220Nm、エコでは82psと180Nmまで絞られるが、実用上はエコでも問題ない。車重が1600㎏とあって、さすがに加速やアクセル操作に対する反応は緩慢になるが街中なら大きな不満を抱く人はいないはず。当然、ノーマルやスポーツを選択すれば動力性能はEVらしい低速からの力強さが愉しめる。

フロントに搭載されるEV版の電気モーターは、最大で136psのパワーと260Nmのトルクを発揮する。重量約350kgというバッテリーユニットはフロア下に分散して搭載。

一方、シャシー回りの完成度は先代とは段違いの質感となって顕れていた。堅牢な骨格と適度に引き締まった足回りは、フラットで快適なライド感を提供。低重心なEVの強みを活かし、乗り手さえ望めばスポーティに振る舞うことも容易だ。そこに往年のプジョーらしさがあるかといえば異論を挟む人もいそうだが、最新SUVとして上出来なのは確かだ。なお、今回の試乗は寒さが厳しい環境下だったが、航続距離は200km台後半あたり。ロングドライブには心許ない印象もあるが、乗り手の工夫次第ではオールラウンドに使うことも難しくないだろう。

EVモデルは、電気モーター駆動らしい静粛性とスムーズネス、そして堅牢な骨格などの効果で走りの質感が先代より格段に向上している。

リポート:小野泰治/フォト:宮門秀行 ルボラン2021年3月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!