もはや美術品の域? ランボルギーニのヒストリックモデルがオークションで高騰中!

AUTHOR

「ミウラSV」が約3億円で、ロッド・スチュワートが所有していた「カウンタックLP400」が約1億円で落札

アウトモビリ・ランボルギーニはこのほど、2月13日にパリで開催されたRM-サザビーズオークションにおいてランボルギーニの最も象徴的なヒストリックモデルである「ミウラ」と「カウンタック」が、記録的な価格で落札されたことを発表した。

ミウラSV

このたびのオークションに出品されたのは、1971年の「ミウラSV(シャシーナンバー4840)」と、1977年の「カウンタックLP400(シャシーナンバー1120262)」。

ミウラSVは同社のヒストリックモデル修復部門「ポロストリコ」の認定を受けている個体で、昨年9月にロンドンで行なわれたグッディングのオークションで落札された個体に次ぐ、史上2番目の高値である242万3750ユーロ(約3億1152万円)の値を付けた。

カウンタックLP400

一方カウンタックLP400は、英国のミュージシャンであるロッド・スチュワートが以前所有していた個体で、77万5000ユーロ(約9963万円)で落札された。

このほか同オークションでは、1967年の「400 GT(シャシーナンバー0817)」が47万7500ユーロ(約6140万円)で、1968年の「エスパーダ(シャシーナンバー7051)」が17万3000ユーロ(約2224万円)で、「ムルシエラゴLP640-4ヴェルサーチ」が14万9500ユーロ(約1922万円)で落札され、ヒストリック・ランボルギーニの市場価値が高まっている傾向が見られた。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!