たった10台限定、「ウラカン」の”ラストダンス”!? ランボルギーニ「ウラカンSTJ」、独自のパフォーマンス向上パッケージを装備した一台

全ての画像を見る

ランボルギーニ自動車の歴史を象徴する自然吸気V10エンジンで成功した、最後のV10スーパースポーツカーを記念した特別限定車

ランボルギーニ自動車は、サンタアガタ・ボロニェーゼのエンジニアリングのアイコンであるV10エンジンを搭載したスーパースポーツカーの最後の記念モデル「ウラカンSTJ」を10台限定で発表する。自然吸気V10エンジンは、ランボルギーニ自動車の歴史の象徴であり、2014年に初めて発表されたウラカンファミリーの成功に貢献した。

「ウラカンSTO」をベースとしたデザインを持つSTJは、ウラカンSTOのレーシングスピリットをさらに高めるために設計された専用パッケージの導入により、ウラカンファミリーの歴史の中で達成されたパフォーマンスの頂点を表している。

STJとは、”スーパートロフェオ・イオタ”の略だ。スーパートロフェオは、2009年に創設されたランボルギーニのワンメイク選手権に敬意を表し、イオタは、レーシングカーの仕様を定めるFIA規則の付属規則Jと、ミウラSVJから始まり「アヴェンタドールSVJ」に続く、サーキット用に開発されたランボルギーニの長い伝統にちなんでいる。

【写真4枚】完璧なバランスを保ちつつ、エアロダイナミクス荷重を10%増加 

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセの技術者が、グランツーリスモ競技の頂点で10年以上培ってきたノウハウを活かして開発した専用のエアロダイナミクスパッケージによって、フラカンSTJは際立った存在となった。STOの洗練されたエアロダイナミクスは、象徴的な”コファンゴ”の追加によってさらに改善されている。

2つのまったく新しいカーボンファイバー製エアロダイナミクス・アペンダント(フリック)は、リアウイングの角度を市販モデルよりも3°大きくすることで、クルマの完璧なバランスを保ちながら、エアロダイナミクス荷重を10%増加させた。

STOと同様、ウラカンSTJは7速デュアルクラッチ(LDF – Lamborghini Doppia Frizione)ギアボックスによって制御される最高出力640CV(8,000rpm)、最大トルク565Nm(8,000rpm)を発揮し、後輪駆動のみと組み合わされる。

機械的なグリップは、標準のアクティブコンポーネントに代わる4つの調整可能なレーシング由来のショックアブソーバーによって大幅に向上している。このショックアブソーバーは4方向に調整可能で、高周波と低周波の伸縮を最適化し、サーキット特性に応じたセットアップを自由に選択できる。

ショックアブソーバーの特別な特性により、クルマの最適なダイナミック・コントロールを維持しながら、より低いスプリング剛性を使用することができ、ステアリングの精度が向上する。

ドライビング・ダイナミクスを最大限に引き出すために、ブリヂストンのポテンザ・レース・タイヤが特別に開発され、ハイグリップ・コンパウンドが使用され、20インチのシングルナット・リムに装着された。これらの技術的特徴により、ナルドテクニカルセンターハンドリングトラックのラップタイムは、Huracán STOと比較して1秒以上向上した。

ランボルギーニ・チェントロ・スティーレによってデザインされた2つの異なるコンフィギュレーションとカラーリングのオプションがある。1つ目は、ネロ・ノクティス(黒)のルーフとロッソ・マーズ(赤)とビアンコ・イシ(白)のディテールを組み合わせたグリジオ・テレスト(グレー)のボディワークで、キャビンには、レザーのディテールと対照的なロッソ・アララ(赤)のステッチを施したネロ・コスムス(黒)のアルカンターラシートが特徴的だ。

2つ目のコンフィギュレーションは、ブルー・エリアディ(ブルー)のボディワークにネロ・ノクティス(ブラック)のルーフ、ロッソ・マルス(レッド)とビアンコ・イシ(ホワイト)のディテールが施されている。どちらのバージョンにも、「1 of 10」と記されたシリアルナンバー入りの特別なカーボンファイバー・プレートが装着される。さらに顧客の希望により、助手席側にカスタムプレートを追加するオプションも用意されている。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!