ついにスタート! 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の先行受注開始

H.Tanaka
AUTHOR

新型「ゴルフ」を3月31日までに予約した顧客にはオプション費用をサポート!

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、2021年内に国内発表を予定している新型「ゴルフ」の先行受注を2月9日より全国の正規ディーラーにて開始した。同時に3月31日までの早期に予約した顧客には、全員員にオプション費用をサポートするスペシャルキャンペーンを展開している。

このキャンペーンは、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで新型ゴルフを3月31日(水)までに予約するとオプション費用のサポートとして5万円がプレゼントされる。また、新型ゴルフを早期に予約した顧客の中で現在乗っている車が4月末までに車検を迎える場合、買い替えを前提としてオプション費用のサポートとは別途で10万円が車検費用のサポートとして提供される。

ゴルフは、1974年(日本販売開始は 1975年)に初代が発売されて以来、45年以上にわたり3500万台以上が生産されている世界的なベストセラーカー。日本にもシリーズ累計で約90万台以上が輸入・販売されている。2013年に導入された現行モデルは、輸入車ブランドとして初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーにも選出。日本で最も親しまれている輸入車のひとつとなっている。

新型では「デジタル化」、「電動化」、「運転支援システム」が大幅に進化。デジタル化においては最新技術を投入、クラスを超えたデジタルインターフェースを採用している。10.25インチの液晶ディスプレイを採用したデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”が全車に標準装備され、そのすぐ横にインフォテイメントシステムを配置することで視認性を高め、スッキリとしたコックピットを実現している。

電動化においては、フォルクスワーゲン初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを採用。モーターアシストによってスムーズな発進や加速を実現する。運転支援システムでは、ドライバーが運転中に意識を失うなど、万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム“Emergency Assist”など、フォルクスワーゲン初の最新テクノロジーが採用。クラスを超えたハイレベルな運転支援が可能となり、安全性をさらに高めている。

最初に日本へと導入されるモデルは、排気量1Lのマイルドハイブリッドシステムを採用した「eTSI Active」、排気量1.5Lのマイルドハイブリッドシステムを採用した「eTSI Style」、「eTSI R-Line」の3グレード。ボディカラーは、新色のライムイエローメタリックを含む全8色から選べる。そのスタイリングはより低く、伸びやかで、ダイナミックにデザインされ。同時に現行モデルと同様、使いやすさにこだわったボディサイズを実現している。

なお、VGJでは多くの人に新型ゴルフの魅力をアピールするべく新型ゴルフのティザーサイトを2月9日より公開。あわせて全国の正規ディーラーでは、新型ゴルフの特徴を解説するスペシャルティザーリーフレットを配布している。

新型『ゴルフ』ティザーサイト
https://sp.volkswagen.co.jp/the-new-golf

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!