【スクープ】これがEVの“三菱ランエボ”だ! 「e-エボリューション」が2021年に発売?

2021/01/21 07:00

パワートレインはデュアルモーターの「S-AWC」で、満充電時の航続距離は500kmが目標!

三菱自動車の次世代ハイパフォーマンス電動クロスオーバーSUV、「e-エボリューション」がいよいよ2021年発売されるという情報を入手。今回は、現在までに得られている情報をもとに予想CGを制作した。

e-エボリューション・コンセプト

e-エボリューションは、2017年の東京モーターショーで初公開された近未来SUVのコンセプトカー。その名から、往年の“ランエボ”のSUV版と噂されていたモデルだ。これまでは市販化の予定はないとされてきたが、三菱では密かに開発を推進。早ければ2021年内にも市販されるという。

e-エボリューション・コンセプト

市販型とコンセプトカー最大の違いは、観音開きドアが廃止。居住空間を拡大する一方、前後ピラーが大きく傾斜したクーペ風フォルムは継承されスタイリッシュな都市型SUVとして発売されるという。ボディサイドでは四隅に張り出したホイールアーチ、大胆に切れ込んだキャラクターライン、Cピラー部分に設けた立体的なパネルデザインなどで迫力と未来的風情が融合。フロントマスクも、三菱のダイナミックシールドデザインがより一層進化する。これに組み合わせるLEDマルチヘッドライトもデザインが縦から横型に変更、シャープなイメージとなるだけでなくアンダー部分にはSUVらしい大柄な形状のスポイラーも採用も予想される。

e-エボリューション・コンセプト

コンセプトカーのパワートレインはフロントに1基、リヤにデュアルモーターAYCを積むトリプルモーターシステムだったが、市販型ではフロント1基、リヤ1基のデュアルモーターを採用。駆動方式は四輪駆動「S-AWC」の最新バージョンとなる。これにより、あらゆる走行状態において4輪のグリップ力をバランス良く最大限に発揮。優れたハンドリングや、路面状況に左右されない高次元の安定性を発揮するという。また、EVで気になる1回あたりの航続距離は500kmを目標に開発されているとのこと。その全貌は、早ければ2021年の秋には明らかになる!

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!