ホンダがクルーズ、GMと日本での自動運転事業で協業!

H.Tanaka
AUTHOR
2021/01/20 18:00

「シボレー・ボルト」をベースとしたクルーズの試験車両で国内での技術実証を開始!

ホンダとGMクルーズホールディングスLLC(クルーズ)、ゼネラルモーターズ(GM)は、2018年10月に結んだ資本・業務提携関係に基づき、日本における自動運転モビリティサービス事業に向けた協業を行なうことで基本合意した。まずは2021年中に、GMの「シボレー・ボルト」をベースとしたクルーズの試験車両を活用。日本での共同開発の一環として、国内での技術実証の開始を目指すという。

将来的にはホンダ、クルーズ、GMの3社が共同開発している自動運転モビリティサービス事業専用車両である「クルーズ・オリジン」を活用した事業展開を目指しており、その事業運営は2020年2月に新設したホンダモビリティソリューションズが担う予定となっている。クルーズのダン・アマンCEOは、今回の合意について次のようにコメントしている。
「より安全、よりクリーンでより便利な交通手段を提供するというクルーズのミッションは、米国に限ったものではありません。世界中で大きな変革が必要とされており、今回の取り組みはホンダとのグローバルでの協業における象徴的な一歩と考えています」

一方、ホンダの八郷隆弘社長は、このように述べた。
「今回の取り組みは、『すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する』という2030年ビジョンで掲げる「移動」と「暮らし」の新価値を創造するものです。ホンダは今後も、志を共にするパートナーとの積極的な協業を通じて、日本における自動運転モビリティサービス事業の実現に向けて、加速していきます」

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!