究極の中の究極! 特別な「ブガッティ・シロン」のデリバリーがスタート

AUTHOR

世界60台限定の特別モデル「シロン・ピュール・スポール」がいよいよ顧客の元へ

ブガッティ・オートモビルズはこのほど、2020年3月に発表されたシロンの世界60台限定のスペシャルモデル「シロン・ピュール・スポール」の、顧客へのデリバリーをスタートさせたことを明らかにした。

ピュール・スポーツは、シロンのハンドリング性能をさらなる高みへと引き上げるべく開発されたモデルで、車両価格は300万ユーロ(約3億8000万円)と発表された。

エクステリアではワイド化されたフロントエアインテークや専用のフロントグリルやフロントリップスポイラーのほか、長さ1.9mにおよぶ固定式の大型リヤウイングや専用ディフューザーを採用、ダウンフォース量を増大させた。これに加えて、チタン製エキゾーストフィニッシャーの装備や、リヤウイングの格納用油圧コンポーネントの廃止によって軽量化を果たしている。

シャシーやサスペンションも専用仕立てで、サスペンションは快適性を損なわない範囲で、フロントで65%、リヤには33%硬いスプリングを採用。キャンバー各をマイナス2.5度に設定するなどを含め、よりダイナミクなハンドリングを実現している。

パワートレインはベース車と同様で、8L W型16気筒4ターボに7速DCT(DSG)を組み合わせるが、最高出力1500psの発生回転数を6700rpmから6900rpmに引き上げているほか、7速DSGのギヤ比を15%クロスレシオ化し、60〜120km/hの中間加速をベース車比で2秒短縮している。1600Nmの最大トルクはベース車の値と同じだ。

走行モードはベース車にも設定されている4モードに加えて、あたらに「スポーツ+」モードを採用。「スポーツ」モードよりさらにアグレッシブな走りに対応しており、サーキットトラック向けの設定で、高速コーナーでもドリフトを許容する。

シロン・ピュール・スポールのパフォーマンスデータは、0-100km/h加速が2.3秒、0-200km/h加速が5.5秒、そして停止状態から車速300km/hに到達するまで12秒を切る。

そんな特別なシロンは2020年の秋から生産が始まり、このほど最初の顧客へのデリバリーがスタートした。納車第1号はアメリカ顧客向けで、エクステリアはクォーツホワイトとグレーカーボンの2トーンカラーで、オプションのグラスルーフ「スカイビュー」を装備。インテリアはイタリアンレッドで、モノトーンのエクステリアとの美しいコントラストが特徴の一台となっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!