全世界で日本が初出店! アウディの次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo」が期間限定でオープン!

H.Tanaka
AUTHOR

アウディのコンセプトカー展示に加え、最新モデルの試乗も可能

アウディ・ジャパンは1月14日、次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo」を5月末までの期間限定でオープンした。このAudi House of Progress Tokyoは、アウディによって全世界展開されるブランドストア「House of Progress」の第一弾。高級ブランドや多くのセレクトショップが立ち並ぶハイファッションの中心、東京都港区南青山に位置し、アウディの持つ洗練されたデザイン性やプレミアムな品質、イノベーティブなテクノロジーといった要素と強い関係性を感じることができるストアに仕上げられている。

Audi House of Progress Tokyoでは、アウディブランドの歴史や哲学、アウディモデルのデザインに込められた想いなどを、まったく新しい方法で体験できる。たとえば、プロジェクションマッピングとジェスチャーコントロールを組み合わせ、拡張現実(AR)のように本を読む体験や、壁に書かれたワードを指さすと、その位置をセンサーで検知。その言葉に関連してアウディからの未来へ向けたメッセージが紹介されるアトラクション、さらには車の三次元模型にプロジェクションマッピングでデザイン哲学を表現するなど、最新の表現方法とタッチレスのインターフェイスを駆使されている。

 

一方、2階ラウンジは来訪者がくつろげるスペースとなっており、サステナブル素材に留意したドリンクなどが提供。また、LINEを使ったメッセージ入力画面から「未来の自分へのメッセージ」を送ると、このラウンジ内のデジタルサイネージに表示。加えて、1年後に送信者にも届くようになり参加者は「自らの未来を考える」という有意義な時間を過ごすことができる。このように、アウディならではの先進的価値観を最新のデジタル体験を通じて楽しむことができ、またサステナブルで未来志向のテクノロジーを持った同ストアでは、今後他ブランドとのコラボレーションイベントも予定しているという。

さらに、ストア内にはコンセプトカー等も展示。グランドオープン時には「アウディQ4スポーツバック e-tronコンセプト」を、その後は「アウディe-tron GT」の展示も予定されている。また、Audi House of Progress Tokyoでは「e-tron」やRSモデルなど、アウディの最新モデル試乗を行なうことも可能だ。

 

なお、一般公開に先駆けて行われたメディア向けの発表会ではフィリップ・ノアック社長が年頭会見にて昨年の販売状況などを説明するとともに、Audi House of Progress Tokyoのプレゼンテーションも行なっている。

Audi House of Progress Tokyoウェブサイト
https://www.audi.jp/progress/audi-brand-store/

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!