【スクープ】BMWの新たなSUV、「X8」は2列4人乗りのラグジュアリースタイルで登場か?

2020/12/23 07:30

偶数モデル名となる「X8」にはM仕様も設定! その最高出力は750㎰に到達?

BMWが開発中のアッパークラスの新型SUV(BMW呼称ではSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークル、もしくはSAC=スポーツ・アクティビティ・クーペ)、「X8」の最新プロトタイプがキャッチされた。

キャリアカーでの搬送中に捉えられたプロトタイプは、3列シートのラージ級となる「X7」と設計上の類似点が見受けられる一方、ボディは天地方向が薄いシルエット。ヘッドライトもX7より下部に装着されている様子が伺えるほか、丸みを持ったボンネットフードも確認できる。また、クーペ系のBMWに採用される偶数のモデル名となるはずのプロトタイプながら、「X4」や「X6」に見られるスタイリングとは異なる仕立てであることも明らかだ。

とはいえ、X7と比較するとルーフは後方に向けて緩やかに傾斜。リヤフェンダーも、より丸みを帯びていることがわかる。ちなみに、プロトタイプのタイヤサイズはフロントが275/35R22、リヤは315/35R22という走りを意識させるもので銘柄もスポーツ志向のピレリPゼロだった。そのスタイリングから察せられる通り、X8のシートレイアウトは基本的に2列。後席は3人掛けのほかに2人掛けのラグジュアリースタイルもセレクトが可能だという。

なお、今回キャッチしたプロトタイプのリヤエンドにはバンパーに「Hybrid Test Vehicle」のステッカーが貼られていたことから、搭載していたパワートレインがハイブリッドであることは間違いない。その中身はおそらく最高出力394ps、最大トルク600Nmを発揮する「745e」(7シリーズのPHEV)のシステムをベースとしているはずだ。また、市販時にはBMWの偶数モデル名に相応しく最強モデルとして4.4L V8ツインターボエンジン+電気モーターを搭載した「X8M」の設定も期待できる。このMモデルの最高出力は750㎰を叩き出すという。その正式デビューは、最速で2021年後半との説が有力だ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!