【海外試乗】「メルセデスAMG E53/E63S」AMGモデルもアップデート。これぞ高性能セダンの王道

2020/11/29 11:00

Eクラス(W213)のフェイスリフトにともない、AMGモデルもほぼ同様のアップデートが行われた。今回の試乗会ではE63SとE53の全ボディタイプが用意されていたが、ここではE63Sセダンを中心に進化のほどをお伝えしよう。

E63Sの実質的な競合は同門のGT4ドア!?

新しいE63Sに乗り込み、まず目に飛び込んでくるのは、左右2本の水平スポークを持ち、グリップ部がナッパレザーとなるAMGスポーツステアリングだ。ひと通りの操作系を確認してスターターをプッシュすると、最高出力612ps/5750-6500rpm、最大トルク850Nm/2500-4500rpmの4L・V8ツインターボが発する低い咆哮が耳に届く。

メルセデスAMG E53 4マチック+

欧州向けには新たにOPF(直噴ガソリンPMフィルター)が装着されているが、キャタライザーと一体構造のため、その音質に従来モデルから大きな変化はない。ダイナミック性能は0→100km/hが3.4秒、最高速度は250km/hでリミッターが作動するが、AMGドライバーズパッケージを選べば270km/hへ引き上げることも可能だ。

ベースのEクラス同様、コクピット回りで真新しいのは2本の水平スポークとなったステアリング。MBUXもアップデートされている。

ウェットクラッチを持つAMGスピードシフトMCT9Gは相変わらずスムーズかつ素早いシフトワークで、アッという間にアウトバーン左側車線の定位置を突き進む。この高性能セダンは同時にエコドライブも可能で、コンフォートモードでは1000-3200rpmの間で4気筒へとシリンダーを休止。これによりカタログ燃費は100kmあたり11.9L、交通状況次第ではリッターあたり10kmを切る可能性もある。

E53の3L直6ターボ。トランスミッションはAMGスピードシフトTCTが組み合わされる。

AMG E63Sセダンの実質的なライバルは、個人的には同門のAMG GT4ドアだと考えている。600万円以上の価格差をみるとE63S、実は賢い選択といえるのではないだろうか。

メルセデスAMG E63S 4マチック+

さらに、もう一枚のカードであるE53の存在も見逃せない。435psの3L直6ツインターボは、AMG V8ほど豪快な加速は期待できないものの、きわめてスムーズな吹け上がりが身に染みる。ビジネスシーンも含めた日常のパートナーという観点でいえば、絶好の選択肢といえるかも知れない。

E63の4L・V8ツインターボ。トランスミッションはAMGスピードシフトMCT9Gが組み合わされる。

リポート=キムラ・オフィス/Kimura OfficeAG ルボラン2020年12月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!