アストンマーティンがモータースポーツで輝かしい戦績を残した「ヴァンテージ」の「レガシー・コレクション」を発表!

AUTHOR

市販モデルの成功、そしてレースで輝かしい実績を得た先代「ヴァンテージ」の有終の美を飾る3モデル

アストンマーティン・レーシングはこのほど、同社のレース参戦史上もっとも成功したレーシングカーの1台である先代「ヴァンテージ」をベースとしたレーシングマシンを記念する「ヴァンテージ・レガシー・コレクション」を発表した。このコレクションは「V8ヴァンテージGTE」、「V12ヴァンテージGT3」、「ヴァンテージGT4」の3モデルで構成されている。

2009年から2018年まで、アストンマーティン・レーシングはル・マン24時間レースにおいて2014年、2017年と2度のクラス優勝を遂げたほか、WEC(FIA世界耐久選手権)で7度のタイトルを獲得。さらにイギリスGT選手権やGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ、ヨーロッパ・ル・マンシリーズなど、さまざまな国際スポーツカー選手権を制している。

この成功を実現したのが、2005年に発売された先代ヴァンテージがベースとなる「V8ヴァンテージGTE」、「V12ヴァンテージGT3」、「ヴァンテージGT4」という3モデルのレーシングマシンだ。

このたび発表されたレガシー・コレクションは、3モデルともアストンマーティン・レーシングのワークショップで製作されたもので、レース参戦車両と同様の準備ができている。スターリンググリーンのボディには、フロントグリルなどにアストンマーティン・イエローのトリムラインがあしらわれ、まさに当時のレーシングマシンと同様のカラーリングが施されている。

「ヴァンテージGT4」は、当時のVH(ヴァーティカル・ホリゾンタル)アーキテクチャーを採用した最初のレーシングマシンとして、2009年シーズンに実戦投入された。2018年末までに107台が製作され、世界中の選手権で勝利。この107台の多くがいまだ現役で、さまざまなレースに参戦している。このたびのレガシー・コレクションは、108台目となる最後の個体となる。

「V12ヴァテージGT3」は、ヴァンテージGT4の3年後となる2012年にデビュー。すぐにイギリスGT選手権を制し、2013年、2015年、2016年、2018年にタイトルを獲得。2019年に新型ヴァンテージに移行するまで、高い戦闘力を証明した。このマシンは2017年末までの7年間で46台が製造された。

「V8ヴァンテージGTE」は、アストンマーティン・レーシングのワークスチームによって、2012年のセブリング12時間レースで実戦デビューを果たした。それまでLPM1クラスに参戦していたアストンマーティンにとって、市販車ベースのレースにワークスで参戦復帰を果たすきっかけとなったマシンとなった。デビュー年の10月に上海で開催されたWECの最終戦で初優勝を獲得している。

6台製造されたV8ヴァンテージGTEは、2018年のル・マン24時間レースが最後の舞台となった。それまでの7シーズンにわたりアストンマーティン・ワークスとして活躍し、2度のル・マン24時間レース・クラス優勝を含む7つのタイトルを獲得。このレガシー・コレクションの個体は7番目に作られた最終仕様で、シャシーナンバーは「007」が与えられた。

アストンマーティン・レーシングのデイビッド・キング代表は、このレガシー・コレクションについて、次のようにコメントを発表している。

「コレクターにとって、このヴァンテージのトリオは、国際的なスポーツカーレースにおける同社の歴史に対する究極のオマージュを表しています。アストンマーティンは現在、最新世代のターボ過給を備えたV8エンジンを積む(現行)ヴァンテージで、WECのタイトルを獲得していますが、先代ヴァンテージの成功によって築かれた基盤は世界中のファンを獲得し、さらにレースでの活躍で確かな人気を得ています。今回発表したレガシー・コレクションは、この素晴らしいモデルの有終の美を飾る存在です」

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧