快適性を追求! 「レクサスLS」がフラッグシップに相応しいアップデートを実施

AUTHOR
2020/11/21 13:00

レクサスは新型「LS」に高度運転支援技術「Advanced Drive」搭載車を2021年に発売すると予告

11月19日、レクサスはフラッグシップサルーンの「LS」の改良を実施、同日に発売を開始した。なお、新型では最新の高度運転支援技術「Advanced Drive」搭載車が、2021年に発売される予定。これは高速道路などの自動車専用道路での運転において、車載システムが車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを支援するもので、ドライバーの負担をさらに軽減。より安全・快適なドライブをサポートするものだ。

●新型「レクサスLS」モデルラインアップ
〈3.5LV6ツインターボエンジン搭載車〉
・LS500 “Iパッケージ”:10,730,000円(FR)/11,140,000円(AWD)
・LS500 “Fスポーツ”:12,340,000円(FR)/12,440,000円(AWD)
・LS500 “バージョンL”:13,450,000円(FR)/13,860,000円(AWD)
・LS500 “エグゼクティブ”:15,390,000円(FR)/15,800,000円(AWD)
〈3.5Lハイブリッド搭載車〉
・LS500h “Iパッケージ”:12,190,000円(FR)/12,600,000円(AWD)
・LS500h “Fスポーツ”:13,510,000円(FR)/13,920,000円(AWD)
・LS500h “バージョンL”:14,930,000円(FR)/15,340,000円(AWD)
・LS500h “エグゼクティブ”:16,870,000円(FR)/17,280,000円(AWD)
※価格は消費税込み

新型LSは、レクサス独自の上質な走りの深化を目指し、DNAである静粛性と乗り心地のたゆまぬ進化を追求。パワートレインやサスペンションからシートの縫い位置といった細部に至るまで徹底的なつくり込みを実施。質の高い走りはもちろん、快適性や静粛性など多角的に商品力を高めている。

エクステリアデザインでは、ヘッドランプまわりのデザイン変更や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの表面処理を変更。レクサスのフラッグシップサルーンとしての洗練された存在感を際立たせている。

また、進化した塗装技術によって深い陰影と艶やかで鏡面のような質感を実現した新規ボディカラーの「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定したことも新型の特徴だ。

インテリアはタッチディスプレイの採用による操作性向上に加えて、日本独自の美意識に由来した世界観をインテリア空間に取り入れるべく、銀糸を織り込んだ西陣織とプラチナ箔などの匠の手によってつくられる素材を採用している。

新型LSの発売に際し、レクサス・インターナショナルの武藤康史チーフエンジニアはこのようなコメントを発表した。
「LSは、レクサスブランド創設以来、フラッグシップとして静粛性と乗り心地、精密なつくりこみによって、多くのお客様に驚きと感動をお届けしてまいりました。常に最高の体験をお求めになられるお客様の期待に応えるため、新型LSは自らの原点に立ち返り、静粛性と乗り心地をさらに進化させています。そして、その磨き上げた基本性能の上でこそ実現することが出来た高度運転支援技術『Lexus Teammate』を採用。LEXUSの世界観をよりアーティスティックに表現するデザイン開発にも取り組み、お客様の想像を超える新たな移動体験の提供を目指しました」

「Lexus Teammate」は、人とクルマが気持ちの通った仲間のようにお互いを高め合い、ともに走るというトヨタ自動車独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発された高度運転支援技術。乗員に安心感を与える運転支援を実現する上で必要不可欠な車両の高い基本性能を徹底的に磨き上げるとともに、ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れ、運転中に遭遇しうる様々な状況を予測し、対応することを支援する。

新型LSに採用される運転支援技術には「Advanced Park」(LS500hに標準設定)が挙げられる。これは駐車場での操作において、ドライバー監視のもとカメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に車両周辺の死角や目標駐車位置などを常に表示し、安全・安心でスムーズな駐車を実現する。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!