コンパクトSUVの「アウディQ2」に2Lのクリーンディーゼル仕様が追加

H.Tanaka
AUTHOR
2020/11/06 18:00

グレードは人気装備を標準化した「Q2 35TDIスポーツ」のみ!

アウディ・ジャパンは、個性的なコンパクトSUVの「アウディQ2」に、クリーンディーゼルの2L TDIを搭載した「35 TDIスポーツ」をラインアップ。12月より全国の正規販売店(124店舗)を通じて発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は4,890,000円だ。

アウディQ2シリーズは、ポリゴン(多角形)を多用した個性的なエクステリアデザインやワンサイズ上のクラスに匹敵する快適性とユーティリティを兼ね備えたプレミアムコンパクトSUV。アウディブランドではもっともコンパクトなSUVとして、2017年6月の日本発売から高い評価を得てきた。

これまでのエンジンラインアップは、1L直列3気筒ガソリンターボ(116㎰/200Nm)の「30 TFSI」、1.4L直列4気筒ターボ(150㎰/250Nm、シリンダーオンデマンド装備)の「35TFSI」、さらに2L直列4気筒ターボから300㎰/400Nmを発生する「SQ2」の3種類だった。今回、これにディーゼルターボならではの豊かなトルクと高い環境性能が特徴の2L直列4気筒の「35TDI」を追加したことで、さらに多彩で魅力的なラインアップが完成した。

搭載される2.0TDIは、ボアxストローク=81.0×95.5mmのロングストローク型。340Nmの最大トルクを1750~3000rpmの範囲で発生、最高出力の150㎰には3500~4000rpmで到達する。また、組み合わせるギアボックスはTDIの特性に合わせてギア比を全体的に低めた7速Sトロニックで駆動方式はFWD、標準タイヤサイズは215/55R17となる。なお、WLTCモードによる燃費は16.0km/Lを達成している。

グレード構成は、人気の装備を標準とした「35TDIスポーツ」のみ。MMIナビゲーションシステムやスマートフォンインターフェイスなどを含むナビゲーションパッケージ、バーチャルコックピットやオートマチックテールゲートといった快適装備、安全性ではアウディプレセンスベーシック、アクティブレーンアシスト、サイドアシストなど多くの機能をまとめたアシスタンスパッケージを装着。充実した装備内容となっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!