早くも新型「BMW M4コンペティション」の限定車が登場! ニューヨークの「KITH」とコラボ

AUTHOR
2020/10/27 08:00

特別な内外装と専用エンブレムを採用した世界150台限定の「M4コンペティション×KITH」

10月23日、BMWは先ごろワールドプレミアした「BMW M4コンペティション」に、ニューヨークのライフスタイルブランド「KITH(キス)」とコラボレーションした世界150台限定モデル「BMW M4コンペティション×KITH」を発表した。日本では16,800,000円(消費税込み)で販売の予定で、カスタマーへの納車は2021年夏からとなる見通しだ。

熱心なBMWファンでもある「KITH」の創設者ロニー・ファイグ氏にとって、今回のコラボレーションは原点に立ち返る思いを抱かせるもの。このたびの限定車発売と同時に、KITHの全店舗およびオンラインショップでは、特別デザインによる96点のウエアやアクセサリーで構成するコレクションを販売する。

ロニー・ファイグ氏は次のように述べている。
「KITHで手がけるものはすべて、確固たる起源を持っている必要があります。子どもの頃の一番美しい思い出のひとつが、1980年代に祖父の家に行って、彼のBMWでドライブしたことです。彼がE21型320iを所有していて、彼の大切な一台がE30 M3だったことを今でも覚えています。私の人生のなかのこうした時間によって、私のなかにBMWに対する情熱が深く刻み込まれました。そのため、今回のプロジェクトでのコラボレーションは、私を再び原点に立ち返らせてくれます」

一方、BMW M社のマルクス・フラッシュ代表取締役社長は、次のようなコメントを発表している。
「BMW M社にとって、特別なコラボレーションにより当社のモデルの限定エディションを世に送り出すのは初めてのことではありません。ロニー・ファイグ氏およびKITHとのコラボレーションは、BMW M社にとって、第一世代のBMW M3から、この象徴的なモデルシリーズの第6世代となる新型BMW M4コンペティションへの橋渡しをする素晴らしい機会となります。同時に、これまでとは異なる新たなターゲットグループにアピールします。ストリートウェアシーンは、ひとつの文化的な現象からグローバルな生き方へと変貌を遂げており、数多くの分野においてまったく固有の新たな独自性を創り出しています」

著名人に最新のスニーカースタイルを提供し、2011年に自身のブランドであるKITHを設立して世間にその名を知らしめたロニー・ファイグ氏は、しばらく前から、伝説的なBMW E30 M3を自身でも所有している。この精巧に手入れされた第一世代のBMW M3に加え、BMW M社は、ブルックリンのKITHポップアップストアで行なわれるコラボレーションの公式発表のために、第6世代を迎えた高性能モデルの特別車両を提供。

この唯一無二のBMW M4 コンペティションx KITHは、BMW E30 M3と同様に、当時のオリジナルカラーであるシナバ・レッドで塗装されている。このカラーは、現在は正規のBMWプログラムでは利用できなくなっているが、両モデルのつながりを示すため、今回特別にこのBMW M4コンペティションのために選択された。さらにこのモデルには、テールゲートのM4コンペティション・ロゴの代わりに、同じスタイルのBMW Mストライプ付きの黒いKロゴが採用されている。Mカーボン・バケット・シートのヘッドレストの下方にも、このロゴの照明付きバージョンを配置。さらにブレックレザーのヘッドレストとセンター・コンソールにも、KITHのロゴが刻印されている。

複数のブランドが融合した新しいロゴは、KITHとその他の世界的に有名な企業との数々のコラボレーションのトレードマークである。今回BMWも、コラボレーションパートナーのために初めて自身のブランドエンブレムを変更し、150台のBMW M4 コンペティション×KITHのために、互いのブランドを組み合わせた新しいロゴが誕生するに至った。

このロゴにおいては、よく知られているBMWエンブレムの周囲に、さらにBMW Mカラーであるライト・ブルー、ダーク・ブルー、レッドのリングがあしらわれている。その上には、明るい色の文字でKITHと今回のコラボレーションに関する詳細が記載されている。リヤには、BMW Mストライプ付きの黒いKITHロゴを配置。この限定モデルには、BMW E30 M3のボディカラーのなかで当時とくに人気のあった3色へのオマージュとして、マットカラーのフローズン・ブラック、フローズン・ダーク・シルバーおよびフローズン・ブリリアント・ホワイトのみが用意されている。

この限定モデルの真のハイライトは、KITHカーボンルーフだ。このオプション装備では、グレーの文字のKITHロゴとBMW Mストライプがルーフ表面に配置されている。標準装備のMコンパウンド・ブレーキ・システムには、Mロゴの入ったレッドのブレーキキャリパーが備わっている。これらは、フロント19インチ、リヤ20インチのM鍛造ホイール826Mバイ・カラー/ジェット・ブラック(ソリッド)のダブル・スポークを通してよく見ることができる。

室内空間を覗き込むと、3色のMカーボン・バケット・シートが目を引く。ブラックのフル・レザー・メリノには、BMW Mカラーのライト・ブルーとレッドのディテールが鮮やかなアクセントを添えている。ファイグ氏のBMW E30 M3と同様に、前席および後席のヘッドレストとセンター・アーム・レストに採用されているブラックのレザーにはKITHロゴを刻印。センター・コンソールには、KITHロゴとBMW Mストライプがあしらわれた専用のエンブレムが配置されている。前席ヘッドレスト下方の照明付きMバッジ同様にKITHロゴが入る。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!