EV化した新型「フィアット500」に新バリエの「3+1」が追加!

AUTHOR
2020/10/27 09:00

助手席側に観音開きドアを採用。ハッチバック、カブリオレに続く第3のボディスタイル

10月22日、FCAはピュアEVに生まれ変わった新型「フィアット500(チンクエチェント)」に、助手席側観音開きドアを採用した「500 3+1」を設定したと発表した。

ハッチバックの「500」、カブリオレの「500C」に続く第3のボディとして登場した「500 3+1」は、助手席側に観音開きドアを採用してセンターピラーを設けないことによって、後席へのアクセス性を高めているのが特徴。これにより、後部座席にチャイルドシートを装着したり、荷物の出し入れがしやすくなる。

ボディサイズは、ハッチバックやカブリオと全く同じ。助手席側後部の小さな3番目のドアは、安全性の観点から後席乗員が内側から開けることはできず、フロントドアが開いた状態でのみ開くことができる。

同社では500 3+1の発売を記念したオープニングエディション「ラ・プリマ」を設定。「ローズゴールド」、「グレイシャーブルー」、「オニキスブラック」の3色の専用ボディカラーを設定したほか、フルLEDヘッドライトやダイヤモンドカット仕上げの2トーンカラー17インチホイール、ウインドーのクロームインサートといったエクスクルーシブなアイテムやディテールを採用。6ウェイ調整式のフロントシートや、360°を補足する「ドローンビュー」パーキングセンサーを含む先進の安全運転支援システムが搭載されている。

カタログモデルは「アクション」、「パッション」、「アイコン」の3タイプをラインアップ

このたびの発表では、3+1の設定とともに、カタログモデルのトリムバリエーションも発表。エントリーレベルの「アクション」、ミッドレンジの「パッション」、そしてハイエンドモデルの「アイコン」の3タイプがラインアップされる。

「アクション」には70kW(約95ps)モーターと23.8kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載され、9.5秒の0-100km/h加速と135km/hの最高速を実現するとともに、一回の満充電で180km以上(市街地だけなら240km以上)の走行が可能。装備・仕様の面では、ハロゲンヘッドライトや15インチホイール、電動パーキングブレーキ、手持ちスマートフォンを活用する「スマートオーディオ」の搭載に加えて、緊急自動ブレーキやレーンキープアシストといった安全運転支援機能を採用。

新しいボディスタイル「3+1」が選べる「パッション」と「アイコン」には、87kW(約118ps)/220Nmモーターと42kWhバッテリーが搭載され、9.0秒の0-100km/h加速と150km/hの最高速をマークするとともに、航続距離は320km(市街地だけなら460km)に増加。

「パッション」には、スマートフォン接続に対応し、7インチモニターを組み合わせる新世代のインフォテイメントシステム「Uコネクト5」のほか、スマホのワイヤレスチャージング機能や2トーンカラーの15インチホイールを装備。

「アイコン」ではさらに10.25インチタッチスクリーンを組み合わせる「Uコネクト5」や、16インチホイール、スマートキーといった豪華装備がプラスされている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!