レクサス初の市販ピュアEV、「UX300e」が発売開始!

AUTHOR
2020/10/25 15:00

203ps/300Nmを発するモーターと54.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。最大航続距離は367km

10月22日、レクサスはブランド初となるピュアEV「UX300e」の発売を発表し、2020年度分の販売予定台数となる135台に関する商談申し込み(抽選)の受け付けを開始した。なお、申し込み受付期間は10月22日の13:30から11月4日の23:59まで。当選者には、指定の販売店より連絡のうえ商談開始となる。

●レクサス「UX300e」モデルラインアップ
・UX300e“バージョンC”:5,800,000円
・UX300e“バージョンL”:6,350,000円
※駆動方式はいずれもFF。価格は消費税込み

UX300eの発売に際して、レクサス・インターナショナルの渡辺剛チーフエンジニアは次のように述べている。
「UX300eは、電動化ビジョンLexus Electrifiedのドアオープナーとなるモデルです。開発にあたっては、『レクサスのEVならではの上質な走りと静粛性』、『高い機能性と利便性』、『HVで培った電動化技術の高い信頼性』の3点にとくにこだわりました。レクサスのEVとしての高い品質を追求したUX300eを通じて、電気自動車が持つ可能性やクルマの未来をお客様に体験していただければ幸いです。電動化テクノロジーの進化とともに、レクサスならではの魅力あるクルマづくり、さらなるブランドの進化に取り組んでまいります」

UX300eには、203ps/300Nmを発するモーターと、エネルギー容量54.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。ハイブリッド車で培ったモーター、インバーター、トランスミッション、バッテリーといった主要装備の効率を最大化し、システム全体としての性能向上を図ることで、最大航続距離は367km(WLTCモード)を実現している。キャビンの床下に敷き詰めたれたバッテリーの充電は、急速充電設備を使用すると75%までは約50分、100%までは約80分、普通充電の場合は100%まで約14時間で完了する。

ステアリングギヤボックスに追加したブレース

走りの面では、GA-Cプラットフォームの高い基本性能をさらに磨き上げるべく、ステアリングギヤボックスにブレースを追加。ギヤボックスの両側をボディに固定することで剛性を向上したほか、ショックアブソーバーの減衰力最適化など、EV化による運動特性の変化に合わせ、細部に至るまでチューニングが実施された。

加減速時のフィーリングは、ドライバーの意図に忠実な滑らかさを追求。加速シーンでは、過度な車両ピッチ挙動を抑制するアクセレレーションピッチコントロールを採用し、スムーズでレスポンスの良い加速フィールを。一方、減速シーンではモーター回生ブレーキと油圧ブレーキによる制動力をバランスよく協調させ、過度な姿勢変化のない、安心感の高いブレーキフィールを実現した。また、パドルシフトにより減速度を4段階から選択することで、ガソリン車のエンジンブレーキと同じように減速操作ができるなど、EVの特性を最大限活かしながら自然な操作性が与えられている。

走行中のサウンドにもこだわった。アクティブサウンドコントロール(ASC)を採用することで、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境により、乗員に心地良いサウンドを提供する。

防音材を随所にプラスしてキャビンの静粛性を追求

その一方で、ピュアEVならではの優れた静粛性をさらに高めるべく、床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせたほか、アコースティックガラスをフロントドアに採用するなど、エンジンやトランスミッションの音がないゆえに聞こえる風切り音や小石/砂などの巻き上げ音にも配慮。室内空間の心地良い静けさを提供する。

エクステリアでは、専用デザイン&カラーの17インチホイールやフロントドア下部「ELECTRIC」エンブレムを装着、ピュアEVモデルであることを主張する。

インテリアでは、回生ブレーキインジケーターなどの表示を加えた専用デザインメーターや、シフト・バイ・ワイヤー式の専用シフトノブが、ピュアEVを感じさせる。

ローデッキ仕様のラゲージスペースを設定。デッキボード上部の容量は303Lを確保

なお、10.3インチワイドディスプレイを組み合わせるマルチメディアシステムはSmartDeviceLinkのほか、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応している。そのほか、レクサスの先進予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」が採用されている。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!