新エンジンも搭載! 「スバル・フォレスター」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2020/10/22 18:00

新型「フォレスター」ではハイブリッドの「e-BOXER」搭載グレードも拡大!

スバルは、「フォレスター」の改良モデルを10月22日に発表した。フォレスターは、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車で、2018年に発表・発売した第5世代ではスバル・グローバル・プラットフォームを採用。クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現した。

さらに、スバル初となる乗員認識技術ドライバーモニタリングシステムや水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値をプラス。ユーザーが豊かさ・快適さ・愉しさ・冒険心といった気持ちを感じられるエモーショナル、かつ身近な存在として機能・性能が磨き上げられている。

今回の改良では、力強い走りと環境性能を高い次元で両立した新開発1.8L直噴ターボ“DIT”エンジン搭載グレードの「SPORT」を追加。さらに、新感覚の走りの愉しさを実現する電動技術であるe-BOXER搭載グレードを「X-BREAK」、「Touring」に拡大。X-BREAKには新制御のモーターアシストe-アクティブシフトコントロールを採用している。

新グレードのSPORTでは、新開発エンジンに加え専用開発のダンパーとコイルスプリングを採用。SUVでありながら質感の高い、スポーティな走りを実現した。そのエクステリアは、ブラック塗装のフロントグリルやダークメタリック塗装のアルミホイール等でコーディネート。インテリアでは、ホールド性などの機能性に優れたウルトラスエード/本革シートを採用することで最上級スポーツグレードにふさわしい仕様に仕上げられている。

また、今回の改良ではドライバーモニタリングシステムを全グレードに設定。ドライバーが乗り込むと、インパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識、シートポジションやドアミラー角度、空調などを自動的に再現するなど、安全運転を支援するとともに「おもてなし」も提供している。

新型フォレスター 車両本体価格(消費税込み)
・Touring:2,915,000円
・X-BREAK:3,058,000円
・Adance:3,157,000円
・SPORT:3,289,000円

スバルオフィシャルwebサイト
https://www.subaru.jp/forester/forester/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!