【2020年秋、ドイツ車トップ10!】「第7位・BMW M2」これぞ理想のスポーツカー

2020/10/23 07:00
 | BMW , 特集

スタンダードモデルですら「駆けぬける歓び」を貫くBMWラインナップで、究極の高性能を謳うBMW M2。従来のM2にはスペシャル感が少し希薄だったが、M2コンペティション/CSは正真正銘のMモデルであり、過激なパフォーマンスを有している。

M2が登場した時絶対に欲しいと思った

昔からM3が好きだった。けれどもベースの3シリーズが代々に大きくなってしまった。それは良し悪しではあったものの、M3クーペをM4と言わなきゃいけなくなったあたりから、心底欲しいとは思わなくなっていた。
だからFRの2シリーズクーペがベースのM2が出た時、もう絶対に欲しいと思った。果たして国際試乗会では一発でノックアウト。速さでは2ペダルだけど、後から試乗した3ペダルに惚れてしまった。これぞ、ボクがずっと欲しかった“M3”の後継だ、と。

BMW M2 COMPETITION

とはいえ最初はエンジンがS型ではなかったので買うには至らなかった。性能的には申し分なかった。でもやっぱり丸ごとMがいい。そうこうしているうちに、真性Mのコンペティションが現れたのだ。
正直に言って、普段乗りでそんなに性能差があるわけじゃない。けれどもM謹製のS型エンジンを回しているというだけで、気分が良い。なにより高回転まで引っ張って楽しむというマニュアルミッションの美点が際立っていた。相変わらず、2ペダルのほうがサーキットでは早く走れたけれども。
昨年末にわが家にやってきた。案の定、京都の山奥を走りまわるにはもってこいの大きさだ。タイヤの大きさが目立つアピアランスもお気に入りのひとつだった。

西川 淳/J.Nishikawa

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!