自慢の「iコックピット」が進化! 「プジョー308/308SW」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2020/10/14 17:00

新たなプジョー308/308SWの特別仕様車となる「ロードトリップ」もラインアップ

グループPSAジャパンは、欧州Cセグメントモデルの「プジョー308」と「プジョー308SW」をマイナーチェンジ。新設定された特別仕様車の「ロードトリップ」も合わせて10月14日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、308が2,967,000円~3,447,000円。308SWは3,220,000円~3,700,000円。

2015年10月の日本デビュー以来、欧州Cセグメントモデルの代表格としてプジョーブランドのイメージとセールスの両輪において中核を担ってきたプジョー308/308SWだが、今回のアップデートでも着実な進化を遂げている。

まず、今回のアップデートではプジョー独自のインターフェイスである「iコックピット」に最新のデジタルヘッドアップインスツルメントパネルが装備。エクステリアも、より精悍でシャープな印象の新デザインアロイホイールを装備するなど、細部にわたり洗練度が向上した。ボディカラーには、新型「208」、新型「SUV 2008」で好評を博している新色のヴァーティゴ・ブルーが追加設定されている。

グレード体系も見直された。定評の1.5Lクリーンターボディーゼル(DV5エンジン)の「GT BlueHDi」と、同じく1.5Lターボディーゼルもしくは1.2Lターボガソリン(EB6エンジン)の「アリュール」という2グレードに集約。また、1.2Lターボガソリンは欧州排ガス規制EURO6.3に対応した新バージョンとなり、燃費も17.0km/Lから18.8km/L(JC08モード)、15.6km/Lから15.9km/L(WLTCモード)へと向上している。

ヘッドアップディスプレイは、これまでの指針式からメーター表示がデジタル表示に。これまで以上にさまざまな情報を整理し表示することが可能となった。このデジタル化されたメーター部は、通常表示に加えアクティブクルーズコントロール作動時により便利なドライブモードや、ドライバーの好みに応じた情報の優先順位が付けられるパーソナルモードなども備わる。

インテリアは、全モデルテップレザー&ファブリックシートを採用。GT BlueHDiのステアリング、インテリア、シートにはスポーティーなレッドステッチが施される。

なお、先進運転支援機能(ADAS)は全グレードに標準搭載。オプション等で追加するコストが省かれている点も嬉しいポイントだろう。

これまでの「テック・パック・エディション」や「クロスシティ」に代わるプジョーの新しい特別仕様、「ROADTRIP(ロードトリップ)」は308の場合アリュールがベースとなる。ドライブをサポートする装備や、サンセットオレンジのカラーステッチが鮮やかなハイクオリティかつユニークなデザインのインテリア&シート、オリジナルエンフレムなどで独自性を主張するバリューの高いモデルに仕立てられた。

特別仕様車「ロードトリップ」の車両本体価格(消費税込み)

308 ROADTRIP:3,082,000円
308 ROADTRIP BlueHDi:3,295,000円
308 SW ROADTRIP:3,335,000円
308 SW ROADTRIP BlueHDi:3,548,000円

特別仕様

・専用アルカンタラ&TEPレザーシート
・ROADTRIPエンブレム(フロントシート、フロントフェンダー、フロアマット)
・アクティブブライントスポットモニターシステム
・パークアシスト
・アロイペダル&フロントステップガード
・オリジナルフロアマット・パノラミックガラスルーフ(SWにオプション)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!