ボルボの本格ピュアEV「XC40リチャージ」の生産がスタート

H.Tanaka
AUTHOR
2020/10/06 18:00

「ボルボXC40リチャージ」の国内受注は2021年に開始予定

「ボルボXC40リチャージ」は、今後ボルボが市場に投入する数台のピュアEV(バッテリー・エレクトリック・ビークル=BEV)の記念すべき最初のモデル。そのXC40リチャージの生産が10月2日に開始された。これは2025年までにボルボ車1台あたりのCO₂排出量を40%削減するというボルボ・カーズの目標に向けた大きな一歩となる。ボルボ・カーズでは、2025年に世界販売台数の50%をピュアEV、残りをハイブリッド車にする計画だ。

すでにXC40リチャージに対する顧客の需要は旺盛で、現在も注文受け付けを続けているが2020年に製造予定の車両はすでに完売しているとか。市販される最初の車両は、10月下旬に欧州の顧客に納車される予定となっている。

顧客向け車両の生産開始は、ボルボのゲント工場で一定数のプリプロダクション車両を製造する準備期間を経て行なわれた。このプロセスは、すべての新型車の標準的な手順であり、生産フローを最適化し、製造されたすべての車の高い品質を確保することを目的としている。また、関連するすべての生産スタッフは、電気自動車を安全に製造するための広範なトレーニングを受けている。

「今日は、ボルボ・カーズにとっても、ここゲントの全従業員にとっても記念すべき日です」

とは、グローバル・インダストリー・オペレーションズの品質責任者であるハビエル・ヴァレラ氏の弁。同氏はまた、以下のように続けた。

「ボルボがラインアップの電動化を進める中で、ゲント工場は当社のグローバルな製造ネットワークにとって先駆者となります」

なお、ボルボとして初めて欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「XC40」のピュアEV版であるXC40リチャージは、中国Geely(ジーリー)グループ内で共同開発された先進的な車両プラットフォームであるコンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)をベースとする。4WDの駆動方式に分類されるXC40リチャージは、1回の充電で400km以上の航続距離(WLTP)と408hpの出力を発揮。急速充電システムでは、約40分でバッテリー容量の80%まで充電することができる。

Androidを搭載した新しいインフォテインメントシステムは、これまでにないパーソナライゼーション、別次元の直観的操作性を有するGoogleアシスタント、Googleマップ、Google PlayストアなどGoogleのテクノロジーとサービスを提供。また、より大きなソフトウェアやオペレーティングシステムのアップデートが無線で行なわれる。

また、XC40の優れた安全基準をベースにしながら、ボルボ・カーズの安全技術者はエンジンがないことに対応するためフロント構造を完全に再設計のうえ補強。XC40リチャージにおいても、ボルボの高い安全要件を満たしつつ他のボルボ車と同様の安全性を確保している。

バッテリーパックは、車体構造の中央に埋め込まれた安全ケージで保護。車のフロアに配置することで車の重心を下げ、横転の危険性を減少させている。また、車内では、機能性を追求した革新的なアプローチにより、ドアやトランクなどの収納スペースが豊富に確保。内燃機関を搭載していないため、ボンネット・フードの下には「フランク」と呼ばれる収納スペースも設けられている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!